Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.wusa9.com/article/news/local/dc/bus-stop-lane-fines-washington-dc-metro-wmata/65-ce8d7140-aee2-41c9-a04a-6a0ea816b5bf

首都ワシントンDCでのバスレーン駐停車違反に対する罰金の金額が引き上げられることが明らかになりました。ウェストレン・ウェーク・ジャーナルによると、ワシントンDCの地下鉄運営会社であるワシントンメトロ(WMATA)は、この罰金引き上げを通じて、バスレーンの混雑を解消し、正確な交通計画を実現することを目指しています。

ワシントンDCでは、道路の車線を確保するためにバスレーンが設けられていますが、一部のドライバーがこれを無視し、駐車や停車を行っていることが問題となっていました。このため、WMATAはバスレーンを守らないドライバーに対して罰金を科すことで、混雑の緩和を図ることを決定しました。

WMATAは、バスレーンの遵守を促進するために違反者への罰金を従来の金額から引き上げる予定です。具体的な金額についてはまだ明らかにされていませんが、ウェストレン・ウェーク・ジャーナルによれば、現行の罰金額は最低で75ドルから100ドル、最高で200ドルです。

バスレーンの混雑は、ウェストレン・ウェーク・ジャーナルのインタビューでWMATAの広報担当者が語るところによれば、都市部の大動脈であるバスレーンにおいて駐車や停車が行われることで、交通の円滑さが損なわれています。これにより、バスの遅延や交通事故のリスクが高まってしまいます。

引き上げられる罰金についての具体的な日付はまだ公表されていませんが、WMATAは今後、警告期間を設けると共に、ドライバーたちに新しい罰金の導入について周知する予定です。バスレーンの混雑問題の解決に向けた一環として、ワシントンDCの住民や通勤者は今後、交通ルールを遵守し、バスレーンの通行を確保することが求められるでしょう。