Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.bisnow.com/houston/news/multifamily/lender-moves-to-foreclose-on-houston-motel-turned-apartment-complex-18-months-after-its-opening-121336

ヒューストンのモーテルがアパートに転用された後、18ヶ月後に貸し手が差し押さえに動く

ヒューストンで、モーテルからアパートへの転用後、わずか18ヶ月後に貸し手が差し押さえ手続きに入る見通しとなった。

アパートとして再生されたモーテル、「ザ・パーク」として知られる施設は、そのオープン当初から入居率が低迷していた。そのため、貸し手であるMID-SIZED BANKが差し押さえ手続きに踏み切ることを決定した。

施設の運営会社である「パーク・アット・ヒューストン・オフ・ビーチ会社」によると、オープン当初から一向に入居率が上がらず、収入が大幅に減少している状況だったという。

ザ・パークは、ヒューストン市内に位置するアパートメントコンプレックスであり、その立地の良さから期待されていたが、なぜか入居率は伸び悩んでいた。

これに対し、貸し手である銀行は差し押さえ手続きを開始することを発表した。差し押さえ手続きが進行する場合、入居者は別の住居を探さなければならないこととなる。

パーク・アット・ヒューストン・オフ・ビーチ会社の関係者は、入居率の低さについては複数の要因が影響している可能性があると話している。コロナウイルスパンデミックの影響や、近隣に競合するアパートメントの存在などが原因である可能性が指摘されている。

住民たちは、この結果にショックを受けており、このまま施設が閉鎖されることを懸念している。

今後、差し押さえ手続きが進展していく中で、ザ・パークの未来に対する見通しは不透明なままである。現在、関係者たちは解決策を模索しており、施設の存続を願っている。