Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.inquirer.com/news/ryan-samsel-capitol-riot-trial-joseph-biggs-ray-epps-20231023.html

2023年10月23日、アメリカ・ワシントンD.C.で起きた連邦議会襲撃事件の裁判で、ライアン・サムセル被告がその関与を認めました。サムセル被告は、連邦議会襲撃の容疑で訴追され、現在審理中です。

発表された証拠によれば、サムセル被告は1月6日の連邦議会襲撃事件において、暴力的な行為を行った容疑で起訴されています。彼は警備員との抗争中に暴力をふるい、彼らを傷つけるなどしていたとされています。

一方、裁判所は声明において、事件には他の関係者も関与していた可能性があると述べました。ジョセフ・ビッグス容疑者とレイ・エップス容疑者も、連邦議会襲撃事件に関与していた疑いが浮上しています。

ビッグス容疑者は、極右団体「プラウド・ボーイズ」のリーダーとして知られており、事件当日、襲撃を先導したとされています。また、エップス容疑者は、事件前後に過激な主張を行っていた人物であり、その関与が疑われています。

連邦捜査局(FBI)は、ビッグス容疑者とエップス容疑者の関与について調査を進めていますが、彼らは現在行方不明であり、捜査は難航しています。

サムセル被告は、裁判で訴えられた容疑を認めつつも、他の関与者の名前を明かすことは拒んでいます。事件の真相解明のため、今後の裁判で彼の供述や証言が注目されることでしょう。

連邦議会襲撃事件は、米国民に衝撃を与えた事件であり、この裁判は事件の真相解明に向けた重要な一歩となるでしょう。サムセル被告、ビッグス容疑者、エップス容疑者の関与や、他の関係者による犯罪行為の全容が明らかにされることを期待しましょう。