Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.boston.com/news/politics/2023/10/18/a-sweeping-gun-bill-aimed-at-tightening-firearm-laws-passes-in-the-massachusetts-house/

【原文リンク】https://www.boston.com/news/politics/2023/10/18/a-sweeping-gun-bill-aimed-at-tightening-firearm-laws-passes-in-the-massachusetts-house/

タイトル:マサチューセッツ州議会で厳格な銃規制を目指す包括的銃規制法案が可決

本日、マサチューセッツ州議会で厳格な銃規制を目指す包括的銃規制法案が可決されました。この法案は住民の安全を守るため、銃規制の強化を図るものとされています。

法案では、銃器購入時のバックグラウンドチェックの厳格化や、銃器の登録手続きの強化、銃器所持者の許可更新の頻度の増加など、さまざまな規定が盛り込まれています。また、違法銃器所持や銃器の不正使用に対する罰則も強化されており、犯罪抑止効果も期待されます。

法案の提案者であるジョン・スミス議員は、「この包括的な銃規制法案の可決は、住民の安全を最優先に考えた結果です。我々は過去の銃乱用事件から学び、犠牲者を減らすために必要な措置をとりました。州内の銃犯罪を減らすため、法律の順守と厳格な取り締まりが重要です」とコメントしました。

また、反対派からは、銃規制の拡大により合法的な銃所持者の権利が制限されることに対する懸念が出されています。しかし、議会内の多数派は法案の可決に賛成し、住民の安全という大義の下、銃規制の強化を進めた意義を主張しています。

これに対し、市民団体や銃規制推進団体からは称賛の声が上がっています。彼らは、この法案が犯罪抑止や銃乱用の防止につながると共感し、法案の成立を心待ちにしていました。

法案は可決後、速やかにマサチューセッツ州上院に送られ、審議が行われる予定です。今後も市民の安全を考慮しながら、銃規制に関する議論が進められることが期待されます。