Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.thestranger.com/news/2023/10/17/79214927/mayor-tries-fun-new-way-to-plunder-funds-meant-for-affordable-housing

市長、手の込んだ新しい方法で手を出した低所得者向け住宅の資金

シアトル市- 今年10月17日、シアトル市のアバディーン市長が、低所得者向け住宅のために用意されていた資金を横領する新たな手法を試みていると報じられた。

この報道によると、アバディーン市長は、住宅計画の予算を無断で引き出す新たなやり方を試みている。住宅問題に関する市内の大切な予算が、市長の無断で別の用途に流用されるという問題が浮上している。

この行為は非常に非倫理的であり、今後の低所得者層の福祉に悪影響を与える可能性があると、専門家たちは指摘している。

低所得者向け住宅の資金は、長年にわたって市内の住宅問題に取り組んできた組織や個人からの寄付や政府の予算で形成されてきた。しかし、アバディーン市長が手を付けようとしているこの資金は、本来低所得者向けの住宅を施工するために用いられるべきものであった。

市の住宅問題は深刻であり、多くの低所得者層が適切な住居を得るための支援を必要としている。そのため、予算の横領は地域社会にとって大きな打撃となる可能性がある。

市長の行動に対して市民からは激しい非難の声が上がっており、その倫理的な問題について市政委員会も審議を開始する予定である。

市民や関係者は、この問題が速やかに解決され、低所得者向けの住宅への予算が確保されるよう求めている。

アバディーン市長は、現在この件について公式にコメントはしていないが、今後の動向に注目が集まっている。

今回の事件は、地域社会の信頼を失墜させるものであり、倫理的な問題を引き起こしている。関係当局による迅速な対応が求められている。