Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://dc.eater.com/2023/10/12/23914564/the-dead-rabbit-nyc-best-cocktail-expanding-dc-penn-quarter

ニューヨークの有名バー「The Dead Rabbit」が、ワシントンD.C.のペン・クォーターに新たな拠点を設けることが発表されました。最優秀カクテルバーとして名高い「The Dead Rabbit」は、その魅力的なカクテルメニューやアイリッシュ・パブの雰囲気で知られています。

ニューヨークを拠点とする「The Dead Rabbit」は、その高品質なカクテルや独特なアンビエンスが評価され、多くの顧客から絶大な支持を受けてきました。同バーは、2016年と2017年に世界一のバーに選ばれた実績も持つほどの人気店で、その名はカクテル界において確固たる地位を築いています。

今回の拡張は、「The Dead Rabbit」のオーナーであるジャック・マクギャリー氏とショーン・マルドゥーナ氏の野心の証です。二人は新しい場所においても、かつての成功を再現する意気込みを示しています。

新しいバーは、ワシントンD.C.の中心地に位置し、アメリカ合衆国議会議事堂やホワイトハウスからも近い立地です。ペン・クォーターは、多くの観光客が訪れるショッピング街や観光名所が集まるエリアであり、多様な客層が訪れることが予想されます。

拡張の計画についてジャック・マクギャリー氏は「ワシントンD.C.のブルームバーグステージに進出することは、私たちにとって非常に重要なステップです。この新たなバーで、「The Dead Rabbit」のアイリッシュ・ヘリテージやカクテル文化をさらに広めることができるでしょう」とコメントしています。

新店舗のオープン時期や詳細については明らかにされていませんが、多くのファンやカクテル愛好家が今後の展開に期待を寄せています。さらなる活躍が期待される「The Dead Rabbit」の新たな拠点に注目です。