Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/san-francisco/article/San-Francisco-Opera-Performs-the-Bay-Area-Premiere-of-Rhiannon-Giddens-and-Michael-Abels-OMAR-20231013

サンフランシスコオペラ、リアノン・ギデンズとマイケル・アベルの『OMAR』のベイエリア初演を開催

サンフランシスコオペラは、リアノン・ギデンズとマイケル・アベルのオペラ『OMAR』のベイエリア初演を開催しました。この作品は、アメリカの差別と人種間の問題をテーマに扱っており、観客を深く考えさせる内容となっています。

『OMAR』は、シンガーソングライターであり、またグラミー賞受賞経験のあるリアノン・ギデンズと、作曲家のマイケル・アベルによって創作されました。このオペラは、アメリカで起きた実際の出来事に基づいており、19世紀後半から20世紀初頭にかけての黒人の苦労や人権運動を描いています。

この初演は、多くのオペラファンや音楽愛好家が、サンフランシスコのウォーメモリアルオペラハウスに集まって見守りました。オペラの楽曲や歌唱によって、オペラ『OMAR』は物語の中のキャラクターたちの感情や苦悩が見事に表現されました。

リアノン・ギデンズは、自身が創作した曲の一部を演奏し、観客を魅了しました。また、マイケル・アベルの作曲した音楽は、ドラマチックで力強く、聴衆の心を揺さぶりました。

このオペラは、公演後に行われたトークショーでも注目を集めました。観客やアーティストたちが舞台裏の制作プロセスやメッセージについて話し合い、より深く理解を深めることができました。

サンフランシスコオペラの芸術監督であるマシュー・シプリングス氏は、「『OMAR』は、アメリカ社会の問題に真摯に向き合った作品です。我々は、この作品を通じて多様性や平等の重要性について考え、議論するきっかけを提供したいと願っています。」と述べました。

『OMAR』のベイエリア初演は、サンフランシスコオペラの評価を高める一助となりました。今後も、同オペラ団は革新的な作品を上演し、さまざまな観客層に音楽の魅力を届けることを目指しているとのことです。