Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.kxan.com/news/displaced-i-35-businesses-given-90-day-notice-to-pack-up-and-move/

I-35周辺の事業者に90日間の引っ越し通知、立ち退きを余儀なくされる

テキサス州オースティン市- 10月1日、I-35高速道路の周辺に位置する多くの事業者が、90日間の引っ越し通知を受け、立ち退きを余儀なくされることとなった。

この立ち退きは、オースティン市やテキサス州交通局との和解案によって決定したものである。この案に基づき、新たなインターチェンジがI-35に設けられ、交通手段の改善が図られることとなる。

多くの事業者は、この禁じ手とも言える立ち退き通知に驚きと困惑を隠せない。引っ越し費用や新たな場所の確保など、多くの課題が立ちはだかると懸念される。

I-35アットラクティブネス改善プロジェクトの一環として、新たなインターチェンジを設置することによって、交通渋滞の緩和や地域経済の活性化が期待される。オースティン市の関係者は、この新たな計画が遅くとも2023年には完了し、地域の発展を促進すると述べている。

また、この立ち退きによって失業者が出る可能性も指摘されている。 既存のビジネスに雇用されている多くの人々が、新たな場所での就労機会を見つけることが困難であるかもしれないとの声も上がっている。

一方で、オースティン市は被災者をサポートするため、補償金や他の支援措置を提供する予定であることを明らかにしている。しかし、この支援策が事業者や従業員たちの不安を一掃するには至っていない。

地域の経済的な好転を目指す一方で、被災者や関係者の心情にも理解を示すことが重要であると言える。テキサス州オースティン市の今後の対応が注目されるところである。