Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.civilbeat.org/2023/10/hawaiis-aquaculture-industry-is-set-to-boom-but-it-needs-state-help/

ハワイの養殖業界はブームに向けて進むが、州の支援が必要

ハワイ州では、魚の養殖業界が急速に成長しつつあるが、業界の拡大には州の支援が不可欠だと専門家が述べている。

地元の独立系非営利メディアであるCivil Beatによると、ハワイ諸島は自然の豊かな水域を活かした養殖業の成長に大きなポテンシャルを秘めている。現地の業者は、サーモンやカンパチ、ハワイアンカナガシラなど、さまざまな魚種の養殖に取り組んでいる。しかし、業界の展開には州政府の支援策が必要とされているのが現状だ。

ハワイは、経済や食料の安全確保において養殖業が非常に重要な役割を果たすことが期待されている。養殖業は、伝統的な漁業に比べて持続可能で、地元の雇用創出や輸入食品の依存度の低減にもつながると考えられている。

ハワイ水産業振興署のケリー・リンスコット長官は、「ハワイの養殖業界は良いスタートを切っているが、さらなる成長を遂げるためには州の支援が重要です」と述べた。リンスコット長官は、政府が業界の成長を支えるために、規制緩和や資金支援策を取るべきだと提言している。

また、養殖業界の拡大には、環境への影響を最小限に抑えるための研究や技術革新も欠かせない。養殖場の水質管理や餌の効率的な使用など、持続可能な方法に取り組むことが求められている。

ハワイ州内の養殖業者は、業界が発展するためには長期的かつ一貫した支援が必要だと主張している。中小企業も多く参入しており、彼らが成長するための支援がなされれば、地域経済全体の活性化が期待できると述べている。

ハワイの養殖業界は、持続可能な経済や食料システムの構築に向けた重要な一翼を担っている。州政府や関係機関が業界の成長を支援し、持続可能な養殖業の発展を促すことが必要だとされている。