Wed. Apr 24th, 2024

Category: ポートランドのニュース

地球の日:ポートランドは自転車と公共交通の主要性を取り戻すことができるか?

画像の出所:https://www.oregonlive.com/environment/2024/04/earth-day-can-portland-recover-its-bike-and-transit-prime.html 地球の日:ポートランドは自転車と公共交通機関の栄光を取り戻すことができるか オレゴン州ポートランドは、自転車と公共交通機関の利用が最も高かった時期に戻ることができるかどうかを問うている。 地域のリーダーや交通専門家は、この努力がクリーンな交通手段を奨励し、地域全体の健康と持続可能性を高めることになると信じています。 ポートランドは1990年代から2000年代初頭にかけて、自転車利用の盛んな都市として知られていました。しかし、最近の10年間で自動車所有台数が増加し、自転車利用率は減少しています。市の目標は2035年までに自動車を減らし、より持続可能な交通システムを構築することです。 市長や地域の交通当局は、地域住民に自転車や公共交通機関を利用するよう奨励するキャンペーンを始めています。また、自転車レーンの整備や公共交通機関の改善も進められています。 ポートランドは再び自転車と公共交通機関の栄光を取り戻すことができるでしょうか。地域の住民や専門家は、持続可能な交通手段を奨励することが地域の未来にとって重要であると考えています。

「オレゴニアン/OregonLive/KGWディベート中にマルトノマ郡検事候補に質問をする」

画像の出所:https://www.oregonlive.com/politics/2024/04/ask-multnomah-county-district-attorney-candidates-a-question-during-the-oregonianoregonlivekgw-debate.html オレゴン州ポートランド(Oregonian)- 4月26日、オレゴン州ポートランドで開催される大規模なディベートで、マルトノマ郡地方検事候補者に質問する機会が設けられます。 今回のディベートは、オレゴニアン(Oregonian)、オレゴンライブ(Oregonlive)、KGWによって共同で開催され、市民が様々な問題を提起することができる機会となります。 マルトノマ郡地方検事の候補者たちは、司法制度や地域社会に対する独自のビジョンを披露する予定で、市民からの質問に答えることによって、真のリーダーシップを見せることが期待されています。 このディベートは、地域社会にとって非常に重要な問題に関する情報を提供する機会でもあり、市民が候補者たちに直接問いかけることができる貴重な機会です。 ディベートは、オレゴンライブ(Oregonlive)のウェブサイトやKGWのテレビ放送で視聴できる予定です。市民は、ディベート中にSNSを通じて質問を送ることもできます。

地球の日がプラスチックに焦点を当てる中、ポートランドのコーヒー焙煎所と北西部のリサイクラーが協力します。

画像の出所:https://www.opb.org/article/2024/04/22/northwest-earth-day-plastics-coffee-roaster-recylcer-team-up/ オレゴン州ポートランド—地球の日にちなんで、オレゴン州北西部のプラスチック再利用のための取り組みが加速しています。ポートランドを拠点とするコーヒー焙煎業者「スタンプトウンコーヒー」と、プラスチックリサイクル企業「サビオノキュレーション」が協力し、プラスチックコーヒーバッグの再利用を目指しています。 スタンプタウンコーヒーは、プラスチック製のコーヒーバッグを再利用するための試みを開始しました。コーヒーの一袋に使用されるプラスチックは、地球上の環境に与える悪影響が懸念されていますが、この取り組みにより、プラスチック製品の再利用が促進されることが期待されています。 サビオノキュレーションは、プラスチック製品をリサイクルし、再び使用できる形に加工することを専門としています。両社は、持続可能な環境への貢献を目指し、プラスチック製品の再利用に取り組んでいます。 この取り組みにより、地球の日を契機に、プラスチックの再利用が進むことが期待されます。今後も両社の協力が続き、環境にやさしい取り組みが進んでいくことが期待されます。

ポートランドのグループが親子が薬物、アルコールの使用について話すのを手助けするイベントを開催

画像の出所:https://www.kptv.com/2024/04/21/portland-group-hosts-event-help-parents-kids-talk-about-drug-alcohol-use/ ポートランドグループがイベントを開催、親子が薬物やアルコールの使用について話し合うのを助ける ポートランド(KPTV)- 地域の非営利団体が、若者やその親が薬物乱用やアルコールの問題について話し合うことを支援するため、特別なイベントを開催しました。 「Drug and Alcohol Awareness Night」と名付けられたこのイベントは、若者の薬物依存やアルコール中毒の問題を取り上げ、親子関係におけるコミュニケーションの重要性を強調しました。 このイベントには、地域の医療専門家や薬物乱用の専門家が登壇し、親子が一緒に参加しながら健康なライフスタイルを作るためのツールやリソースについて学びました。 参加者たちは、オープンな議論やインタラクティブな活動を通じて、薬物乱用やアルコール依存症に対する認識を高め、互いの意見や経験を共有しました。 このイベントの主催者は、「若者やその親が開かれた心でコミュニケーションを取ることが、将来の健康や幸福にとって非常に重要だと信じています。このようなイベントを通じて、地域のコミュニティがより強固な絆で結ばれることを願っています。」と述べています。

レビュー:神楽座アンサンブルによる父についての演劇

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/portland/article/Review-THE-PLAY-ABOUT-MY-FATHER-at-Fuse-Theatre-Ensemble-20240422 Fuse Theatre Ensembleが上演する「THE PLAY ABOUT MY FATHER」のレビュー オレゴン州ポートランドのFuse Theatre Ensembleは、2022年4月22日に開幕した「THE PLAY ABOUT MY FATHER」を上演し、観客を魅了している。 この舞台は、作家で演出家のBoo Killebrewによって書かれ、Killebrewの実父であるジム・キルブリューの複雑な人生を描いている。父親との関係を深く掘り下げた心に響く作品であり、観客はその感動に包まれている。 演出家のNicolette Vajtは、キルブリューの人生を生き生きと演じ、観客を引き込んだ。また、キルブリューの若い頃から老年期までの様々な場面を見事に演じ分け、評価を受けている。 「THE PLAY ABOUT MY FATHER」は、家族や父親との関係について考えさせられる舞台であり、Fuse Theatre Ensembleの力強い演技が観客を感動させている。今後も同劇団から目が離せない作品が続々と上演されることが期待される。

ダウンタウンに投資するポートランドのコーヒーチェーン

画像の出所:https://www.kgw.com/article/news/local/stumptown-coffee-roasters-portland-downtown-solve/283-9aad0962-064e-4780-b30f-8875e97b7b41 ポートランドのスタンプタウン・コーヒーロースターズは、ダウンタウンに新しい拠点をオープンさせることに成功しました。この新しい店舗はソラノデビルに位置し、地元のコーヒーラバーたちにとって人気のスポットとなることが期待されています。 スタンプタウン・コーヒーロースターズは、今回の新店舗オープンについて非常に興奮しており、「ポートランドのダウンタウンに拠点を広げられることをとても嬉しく思っています。地元のコーヒーラバーたちにとって、当店がコミュニティの一部となることを楽しみにしています。」とコメントしています。 新しい店舗では、オリジナルのスタンプタウン・コーヒーをはじめ、新しい特別なメニューアイテムも提供される予定です。また、店内では快適な雰囲気を提供するための装飾が施され、客に満足してもらえるように配慮されています。 スタンプタウン・コーヒーロースターズの新しいダウンタウン店舗は、地元の人々にとって新たな交流の場となることが期待されています。今後の成長に期待が高まるニュースです。

授業中に生徒が携帯電話を持つべきか?ポートランドの学校関係者3人に聞いてみた。

画像の出所:https://www.wweek.com/news/schools/2024/04/21/should-students-have-phones-in-class-we-asked-three-portland-school-officials/ ポートランドの学校関係者3人に尋ねました: 授業中に生徒が携帯電話を持つべきか ポートランドの学校で、授業中に生徒が携帯電話を持つべきかどうかが議論されています。地元新聞Willamette Weekは、3人の学校関係者にこの問題について尋ねました。 ポートランド公立学区の広報担当者であるジョー・スミス氏は、「生徒が携帯電話を使用することで、学習や授業への集中が途切れる可能性があるため、授業中は携帯電話を持つべきではない」と主張しました。 一方、別の学校で教育管理者を務めるサラ・ジョンソン氏は、「技術を教育に取り入れることで生徒の興味を引き付け、学習効果を高めることができるため、携帯電話を持つこと自体は悪いことではない」と述べました。 また、教育専門家であるマイケル・ブラウン氏は、「携帯電話は受講中に不必要な気晴らしとなる可能性があるが、一方で緊急時や教育目的で使用する場面もあるため、状況に応じて使い分けるべきだ」とコメントしています。 ポートランドの学校関係者たちは、生徒の携帯電話利用について熟考しながら、効果的な指導方法を模索しているようです。

ポートランドの非喉利団体ががんと闘うシングル親の支援をする方法

画像の出所:https://www.kgw.com/article/news/community/portland-group-helps-single-parents-fighting-cancer/283-1feadca5-0684-4970-b303-e1da8457da74 ポートランドのグループががん闘病中のシングル親を支援 オレゴン州ポートランドの地域グループが、がんと闘うシングル親を支援しています。このグループは、がん闘病中のシングル親が抱える財政的な負担を軽減するために設立されました。 この支援グループは、がんと闘いながら子供を育てるシングル親たちに、食料品や家賃の支援を提供しています。さらに、精神的なサポートや助言も提供しており、シングル親たちががんとの闘いに打ち勝つための手助けをしています。 シングル親であるジェシカ・マーチは、この支援グループから多くの支援を受けている一人です。彼女は、子供たちを育てながらがんとの闘いを続けており、支援グループの存在が彼女にとって非常に励みになっていると語っています。 ポートランドのこの支援グループは、地域社会にとって貴重な存在であり、がん闘病中のシングル親たちにとっては頼れる味方となっています。今後も、このグループがシングル親たちを支援し続けることで、地域社会全体がより強固な絆で結ばれることが期待されています。

ポートランドでの90日間のフェンタニール緊急事態宣言は効果があるか? | kgw.com

画像の出所:https://www.kgw.com/article/news/local/the-story/fentanyl-emergency-portland-downtown-drug-hotspots/283-164a376d-cb14-4f41-83c0-2486f827e57e ポートランド市のダウンタウンでフェンタニルの危機が拡大している オレゴン州ポートランド市のダウンタウンで、フェンタニルの濫用が深刻な問題となっている。地元の警察は、フェンタニルが原因で多数の死亡事案が報告されており、市内の特定のエリアが薬物の温床となっていることが明らかになっている。 ポートランド市警察は、ダウンタウン地域でのフェンタニルの蔓延が急速に広がっていると発表した。特にエスプラネードパーク周辺や東サウスプラザノンパークエリアなど、薬物の使用や販売が横行している地域があることが指摘されている。 地元の住民や店舗経営者は、この問題に対処するために警察や市当局による積極的な取り組みを求めている。フェンタニルの危険性や影響について警鐘を鳴らす声も上がっており、市民の安全と健康を守るための対策が急務となっている。 ポートランド市警察は、今後も引き続き薬物取締りに力を入れていくとしており、地域社会と連携して犯罪の根絶を図る方針を示している。今後の動向に注目が集まっている。

2024年5月の編集者推薦:前進のために投票し、Mozyrsky、Adams、Brim-Edwards、Jones-Dixonを選出する

画像の出所:https://www.oregonlive.com/opinion/2024/04/editorial-endorsement-may-2024-vote-for-progress-and-elect-mozyrsky-adams-brim-edwards-and-jones-dixon-to-multnomah-county-board.html 2024年5月の進歩のための投票とモルツィルスキー・アダムス、ブリム・エドワーズ、ジョーンズ・ディクソンをマルトノマ郡委員会に選出するために投票 オレゴン・ライブ- マルトノマ郡委員会における進歩を促進するために、2024年5月の投票でジョーンズ・ディクソンに投票することを要請する編集の推薦。 モルツィルスキー・アダムス、ブリム・エドワーズ、そしてジョーンズ・ディクソンは、マルトノマ郡委員会に選出されるべきだと主張されている。これらの候補者は、地域社会の発展と市民の利益のために取り組んできた経験豊富な指導者であると述べられている。 投票日を前に、進歩的な方針を支持する選挙運動が進行中であり、地元の有権者には積極的な参加が求められている。多くの住民は、マルトノマ郡の未来を明るくするために、モルツィルスキー・アダムス、ブリム・エドワーズ、ジョーンズ・ディクソンを支持することを考えている。 今回の選挙での投票は、マルトノマ郡の発展と進歩に影響を与える可能性があり、地元の住民は十分な情報を得て、意識的に投票をすることが重要であると強調されている。