Wed. Apr 24th, 2024

Author: Akiko Nakamura

Akiko Nakamura is a dedicated journalist at NihonUSNews, where she plays a crucial role in providing insightful news coverage to the Japanese-speaking community in the United States. With a passion for storytelling and a commitment to journalistic excellence, Akiko is a respected voice in the world of Japanese-language journalism. Akiko's career has been marked by her ability to uncover and share stories that resonate with her readers. She covers a diverse range of topics, from community events to national and international news, ensuring that her audience remains well-informed about the issues that matter most to them. Beyond her role as a journalist, Akiko actively participates in initiatives that promote cultural exchange and understanding between Japan and the United States. She is an advocate for cultural preservation and community engagement, fostering connections and a sense of identity among Japanese-Americans. As a journalist at NihonUSNews, Akiko Nakamura continues to be a reliable source of news and information for the Japanese-speaking community in the United States. Her dedication to quality reporting and her unwavering commitment to serving the needs of her readers make her an essential asset to the publication. Outside of her work, Akiko enjoys exploring Japanese-American communities, experiencing cultural festivals, and engaging with individuals whose stories enrich her reporting and deepen her understanding of the Japanese-American experience in the United States.

南シアトルのコミュニティガーデンがティーンエイジャーにガーデニングや恩返しを学ぶ機会を提供します。

画像の出所:https://www.king5.com/video/news/education/community-garden-in-south-seattle-gives-teens-the-opportunity-to-learn-about-gardening-giving-back/281-41be3a5e-5fee-45d7-9e9e-c5850f3980d7 シアトル南部のコミュニティガーデンがティーンエイジャーにガーデニングと恩返しの機会を提供 シアトル南部のコミュニティガーデンでは、若者たちがガーデニングを学び、地域に奉仕する機会を提供されています。このプログラムは、若者たちが自然や栄養に関心を持ち、社会貢献をする機会を与えることを目的としています。 このプログラムに参加している若者たちは、畑仕事や植物の世話など、さまざまなガーデニング活動に参加しています。また、地元の食料不足の問題について学び、地域コミュニティに貢献することで、自分たちの地域社会に貢献することができています。 参加者の一人は、「このプログラムに参加することで、自然や地域社会についてたくさん学ぶことができ、自分たちの成長にも役立つと思います。私たちはこのプログラムで学んだことを、地域社会に還元していきたいです」と述べています。 コミュニティガーデンの運営者は、このプログラムが若者たちにとって貴重な経験となることを期待しており、今後もさらに多くの若者たちが参加できるように努めていくとしています。

ニューヨーク市予算から削られた堆肥化プログラム:報告書によると、堆肥化の数値が「貧弱」とされています – WABC

画像の出所:https://abc7ny.com/nycs-curbside-composting-has-low-participation-study-finds-just-as-adams-administration-pulled-funding/14714006/ 【ニューヨーク市、路上コンポストの参加率が低いことが判明。アダムズ市政府は予算削減により資金を引き上げる】 ニューヨーク市では、路上コンポストプログラムの参加率が低いことが明らかになりました。最新の調査によると、市民のほんのわずかしかこのプログラムに参加していないという結果が出ました。この調査結果について、アダムズ市政府は資金不足を理由にプログラムの資金を削減することを決定しました。 路上コンポストプログラムは、市民が家庭で分別した有機廃棄物を集め、リサイクルする取り組みです。しかし、市民の参加率が低いことが問題視されています。アダムズ市長は、このプログラムに十分な支援と関心がないため、予算を削減する方針を打ち出しました。 市民からは「路上コンポストプログラムは環境に良い取り組みだ」という声もありますが、資金不足などの問題が解決されない限り、このプログラムの参加率が上昇するかは不透明です。今後のニューヨーク市の環境保護政策に注目が集まっています。

NYCHAのカビ修理協定から10年後、進展が遅れによって損なわれる

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2024/04/22/nycha-baez-mold-damage-repairs/ [[ニューヨーク市]] [[公営住宅]] Authority:Baez Houses Residents Say Mold Damage Repairs Are Years Late [[2024年4月22日]] [[ブロンクス区]]の[[公営住宅]]である[[バエス・ハウス]]に住む住民たちが、[[アスベスト]]汚染と[[カビ]]被害の修理が数年遅れていると訴えている。住民たちは、住宅管理機関である[[ニューヨーク市]]公営住宅 Authority(NYCHA)による修理作業の遅れに不満を表明している。 ニューヨーク市の地元メディア[[THECITY]]による報道によれば、バエス・ハウスに住む住民たちは、建物内でのカビ被害の深刻さを指摘し、NYCHAによる修理作業が遅すぎると非難している。住民たちは、カビ被害が酷く、健康被害を引き起こしていると主張している。 バエス・ハウスの住民たちは、NYCHAによる修理作業の進捗状況を知りたいとしており、遅れた修理が住民の健康や生活環境に与える影響について懸念を表明している。NYCHAは、住民たちからの苦情に対応するとともに、建物内のカビ被害について迅速に対処する方針を示しているが、住民たちの不満は収まっていない。 今後も、NYCHAがバエス・ハウスの住民たちの健康と安全を確保するために、迅速に修理作業を進めることが求められている。

MTAがVerrazano橋のクロスについてNYCマラソンに迫る

画像の出所:https://theticker.org/14089/news/mta-gives-nyc-marathon-a-run-for-its-money-for-verrazano-bridge-crossing/ MTAがVerrazano Bridgeを横断するNYCマラソンに挑戦 ニューヨーク市マラソンは毎年、数万人のランナーが参加するイベントとして知られていますが、今年はMTA(Metropolitan Transportation Authority)がその人気を脅かしています。 MTAは、Verrazano Bridgeを横断するランニングイベントを開催することを発表しました。この橋は通常、NYCマラソンで使われるアイコン的な場所ですが、MTAはその魅力を競うようにしています。 MTAの広報担当者によると、このランニングイベントは、地元のコミュニティにより多くの人々を巻き込む機会を提供することを目的としています。参加者はVerrazano Bridgeを歩いたり走ったりしながら、素晴らしい景色を楽しむことができます。 このイベントには、NYCマラソンの愛好家だけでなく、初心者ランナーや家族連れも参加することができるようになっています。MTAは、イベントを通じて地域社会を活性化し、マラソンへの関心を高めることを期待しています。 このVerrazano Bridge横断ランニングイベントは、来月開催される予定です。参加を希望するランナーは、MTAの公式ウェブサイトで詳細を確認することができます。

地球の日:ポートランドは自転車と公共交通の主要性を取り戻すことができるか?

画像の出所:https://www.oregonlive.com/environment/2024/04/earth-day-can-portland-recover-its-bike-and-transit-prime.html 地球の日:ポートランドは自転車と公共交通機関の栄光を取り戻すことができるか オレゴン州ポートランドは、自転車と公共交通機関の利用が最も高かった時期に戻ることができるかどうかを問うている。 地域のリーダーや交通専門家は、この努力がクリーンな交通手段を奨励し、地域全体の健康と持続可能性を高めることになると信じています。 ポートランドは1990年代から2000年代初頭にかけて、自転車利用の盛んな都市として知られていました。しかし、最近の10年間で自動車所有台数が増加し、自転車利用率は減少しています。市の目標は2035年までに自動車を減らし、より持続可能な交通システムを構築することです。 市長や地域の交通当局は、地域住民に自転車や公共交通機関を利用するよう奨励するキャンペーンを始めています。また、自転車レーンの整備や公共交通機関の改善も進められています。 ポートランドは再び自転車と公共交通機関の栄光を取り戻すことができるでしょうか。地域の住民や専門家は、持続可能な交通手段を奨励することが地域の未来にとって重要であると考えています。

「オレゴニアン/OregonLive/KGWディベート中にマルトノマ郡検事候補に質問をする」

画像の出所:https://www.oregonlive.com/politics/2024/04/ask-multnomah-county-district-attorney-candidates-a-question-during-the-oregonianoregonlivekgw-debate.html オレゴン州ポートランド(Oregonian)- 4月26日、オレゴン州ポートランドで開催される大規模なディベートで、マルトノマ郡地方検事候補者に質問する機会が設けられます。 今回のディベートは、オレゴニアン(Oregonian)、オレゴンライブ(Oregonlive)、KGWによって共同で開催され、市民が様々な問題を提起することができる機会となります。 マルトノマ郡地方検事の候補者たちは、司法制度や地域社会に対する独自のビジョンを披露する予定で、市民からの質問に答えることによって、真のリーダーシップを見せることが期待されています。 このディベートは、地域社会にとって非常に重要な問題に関する情報を提供する機会でもあり、市民が候補者たちに直接問いかけることができる貴重な機会です。 ディベートは、オレゴンライブ(Oregonlive)のウェブサイトやKGWのテレビ放送で視聴できる予定です。市民は、ディベート中にSNSを通じて質問を送ることもできます。

地球の日がプラスチックに焦点を当てる中、ポートランドのコーヒー焙煎所と北西部のリサイクラーが協力します。

画像の出所:https://www.opb.org/article/2024/04/22/northwest-earth-day-plastics-coffee-roaster-recylcer-team-up/ オレゴン州ポートランド—地球の日にちなんで、オレゴン州北西部のプラスチック再利用のための取り組みが加速しています。ポートランドを拠点とするコーヒー焙煎業者「スタンプトウンコーヒー」と、プラスチックリサイクル企業「サビオノキュレーション」が協力し、プラスチックコーヒーバッグの再利用を目指しています。 スタンプタウンコーヒーは、プラスチック製のコーヒーバッグを再利用するための試みを開始しました。コーヒーの一袋に使用されるプラスチックは、地球上の環境に与える悪影響が懸念されていますが、この取り組みにより、プラスチック製品の再利用が促進されることが期待されています。 サビオノキュレーションは、プラスチック製品をリサイクルし、再び使用できる形に加工することを専門としています。両社は、持続可能な環境への貢献を目指し、プラスチック製品の再利用に取り組んでいます。 この取り組みにより、地球の日を契機に、プラスチックの再利用が進むことが期待されます。今後も両社の協力が続き、環境にやさしい取り組みが進んでいくことが期待されます。

ポートランドのグループが親子が薬物、アルコールの使用について話すのを手助けするイベントを開催

画像の出所:https://www.kptv.com/2024/04/21/portland-group-hosts-event-help-parents-kids-talk-about-drug-alcohol-use/ ポートランドグループがイベントを開催、親子が薬物やアルコールの使用について話し合うのを助ける ポートランド(KPTV)- 地域の非営利団体が、若者やその親が薬物乱用やアルコールの問題について話し合うことを支援するため、特別なイベントを開催しました。 「Drug and Alcohol Awareness Night」と名付けられたこのイベントは、若者の薬物依存やアルコール中毒の問題を取り上げ、親子関係におけるコミュニケーションの重要性を強調しました。 このイベントには、地域の医療専門家や薬物乱用の専門家が登壇し、親子が一緒に参加しながら健康なライフスタイルを作るためのツールやリソースについて学びました。 参加者たちは、オープンな議論やインタラクティブな活動を通じて、薬物乱用やアルコール依存症に対する認識を高め、互いの意見や経験を共有しました。 このイベントの主催者は、「若者やその親が開かれた心でコミュニケーションを取ることが、将来の健康や幸福にとって非常に重要だと信じています。このようなイベントを通じて、地域のコミュニティがより強固な絆で結ばれることを願っています。」と述べています。

サフォーク・ダウンズのアパートメントがプリリースを開始します。スタジオは$2,350から始まります。

画像の出所:https://www.boston.com/real-estate/spring-house-hunt/2024/04/22/suffolk-downs-development-apartments-pre-leasing-april-2024-amaya/ サフォークダウンズ開発物件は、2024年4月にアマヤ・リアルティ・パートナーズによってリースが始まりました。この開発物件では、新しいアパートメントがリース可能であり、多くの関心を集めています。これらのアパートメントは、モダンなデザインでありながら、歴史的な魅力も備えています。 サフォークダウンズは、住宅市場で注目を集めており、需要が高まっています。アマヤ・リアルティ・パートナーズは、この地域に新しい生活空間を提供することで、コミュニティ全体にプラスの影響をもたらすことを目指しています。 リースの開始に伴い、多くの人々が興味を持ち、早めに申し込むことが先決となっています。サフォークダウンズ開発物件は、高品質なアパートメントを提供し、快適な生活環境を提供することで、住民たちの期待に応えています。 アマヤ・リアルティ・パートナーズは、今後も地域コミュニティに貢献し続けることを約束しており、サフォークダウンズ開発物件が成功を収めることが期待されています。

2023年の最も稼いだ都市職員を見る:ボストンの給与データベース

画像の出所:https://www.masslive.com/news/2024/04/boston-salary-database-see-which-city-employees-earned-the-most-in-2023.html ボストンの給与データベース:2023年に最も多く稼いだ市の職員は誰でしょうか ボストン市が公開した給与データベースによると、2023年に最も多く稼いだ市の職員が明らかになりました。このデータベースには、市の従業員がどれだけの給与を受け取ったかが記載されており、市の透明性を高めるために公開されています。 昨年、市内で最も多く稼いだ職員は、市の公園部門のディレクターでした。彼は年間で最も多くの収入を得るため、他の職員をリードしました。データベースによると、彼は非常に責任のある役職を務めており、その結果、多くの報酬を得ることができました。 このデータベースは、市民に市の給与体系についてより良い理解を提供することを目的としており、市の透明性を高めるために使用されています。市の様々な部門の職員がどれだけの給与を受け取っているかを知ることで、市の予算や財政状況についてより正確な情報を得ることができます。 ボストン市の給与データベースは、毎年更新されており、市の透明性と財政の健全性を維持するために利用されています。今後も市の給与体系についての情報は公開される予定であり、市民はこれらの情報を活用して市の運営に対する理解を深めることができます。