Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://sfist.com/2024/05/13/sfs-new-drug-screening-for-welfare-law-not-as-harsh-as-advertised-basically-just-on-honor-system/

サンフランシスコ市は、最近導入された福祉法に関する新しい薬物検査が、広告されているほど厳しくないことが明らかになりました。実際には、名誉システムに基づいています。

市の福祉プログラムに参加するためには、新しい法律による薬物検査を受ける必要があります。しかし、そのプロセスは、福祉受給者が正直であることを前提としています。特定の薬物検査を受けるかどうかを判断する機関は存在しません。

市当局はこの決定を擁護し、福祉受給者たちに対して信頼を示すとともに、コミュニティ全体の信頼を損なわないようにしています。市長は、この新しいプログラムが貧困層の人々をサポートするための手段であることを強調しています。

一方で、一部の批評家は、このシステムが濫用される可能性があると指摘しています。ただし、市の福祉局は、名誉システムが悪用された場合には厳しい処罰を行う用意があることを強調しています。

現時点では、新しい福祉法に基づく薬物検査は、市内の福祉プログラムに影響を与えるかどうかに関わらず、市民全体に注目されています。