Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.theguardian.com/technology/article/2024/may/09/digital-recreations-of-dead-people-need-urgent-regulation-ai-ethicists-say

デジタル技術による先人の再現には急ぎの規制が必要、AI倫理学者が主張

AI倫理学者たちは、先人のデジタル再現について急ぎの規制が必要であると主張している。インターネット上には、故人の姿や声を再現したデジタルアバターやチャットボットが増えており、その使用が拡大する中、専門家たちは潜在的な悪用やエチカルな懸念を指摘している。

2024年5月9日のガーディアンの報道によると、先人のデジタル再現は喜びや悲しみを与える可能性がある一方で、遺族や関係者に不快感を与える可能性もあるという。特に、デジタル技術を用いて先人の声や表情を再現する場合、それが本人の意志に沿っているのか、適切な許可を得ているのかといった問題が議論されている。

これに対し、AI倫理学者らは、デジタル再現技術を用いる際の規制やガイドラインの整備が急務であるとしている。先人のプライバシーや尊厳を守るために、倫理的な視点からデジタル技術の使用を検討する必要があると訴えている。今後の展開に注目したい。