Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://chicago.suntimes.com/news/2024/04/05/chicago-migrant-crisis-st-bartholomew-shelter-archdiocese-zakat-mayor-brandon-johnson

ルーパートはシカゴのセント・バーソロミュー避難所にいる数百人の難民の1人です。シカゴ太郎商工会議所は、彼らがメシを食って家に住んでいる様子を見守っています。彼らは教会の外で道を歩いている。彼らは冬に寒そうな格好をしていました。ミシュリン・ソンは、昨年避難所を設立した人物です。

バラカット・フロアルはシカゴの難民避難所で暮らす17歳の少女です。数年前に家族と一緒にスーダンから逃げてきた。彼女は誰かと話すのが好きで、これまでに学校に入れませんでした。しかし今、避難所には学校がある。

難民避難所はこの苦しい状況を打破するための可能性の場として非常に重要です。それが私たち全員にとって最善の道です。リサ・ガードナーは誰もが違いを作ることができると信じている。

フロリダのマイアミ海岸で孤児の毛皮貿易が行われているとの報告がありました。その地域で子どもが毛皮を運んでいるとの報告があります。しかし、毛皮の取引が禁止されている地域では激しく非難されています。