Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://ny1.com/nyc/all-boroughs/transit/2024/04/04/city-transit-desert-commuters-face-slow-rides–steep-fares

ニューヨーク市の交通不便地帯:通勤者は遅い乗り物と高い運賃に直面

ニューヨーク市の中で、いくつかの地域は「交通不便地帯」として知られています。これらの地域では、通勤者は遅い乗り物と高額な運賃に直面しています。

この問題は、特にブルックリンやクイーンズなどの郊外地域で顕著です。多くの住民は、地下鉄やバスが頻繁に遅れたり、混んだりして、通勤時間が長くなっています。

遅延の原因はさまざまですが、主な理由の1つはインフラストラクチャーの老朽化です。地下鉄やバスの車両や施設が古くなっているため、定期的なメンテナンスが必要です。

さらに、運賃の上昇も通勤者にとって負担となっています。地下鉄やバスの運賃が上がり続けており、低所得層や困難な状況にある人々にとっては、ますます手の届かないものになっています。

地元の住民や地域の指導者は、この問題に対処するための解決策を模索しています。交通インフラの改善や運賃の引き下げなど、様々な提案が考えられていますが、実現するまでには時間がかかるでしょう。

交通不便地帯の通勤者たちは、遅い乗り物と高い運賃に苦しんでいますが、地元のコミュニティとの協力によって、この問題に取り組む準備が整いつつあります。