Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://abc7chicago.com/stephen-calk-chicago-banker-trump-adviser-probation-plea/14458656/

シカゴの銀行家でトランプの顧問だったスティーブン・カルク氏が、ローンの交換を提供する代わりに、トランプ前大統領の政府職に就くための立場を提供することで有罪を認め、保護観察を受けることになりました。

カルク氏は、2016年の大統領選挙中に、連邦銀行であるファースト・ナショナル・バンク・オブ・シカゴのCEOを務めながら、トランプの財務顧問としての立場を求め、一連のローン取引で優遇を受けるという提案をしたとされています。

その後、カルク氏は、トランプ政権発足後に国防長官ポジションにつくことを期待していたとされています。しかし、実際にはそのようなポジションを得ることはありませんでした。

カルク氏は、企業法違反の罪で告発され、有罪を認めました。裁判官は、保護観察の結果に基づいて刑務所に収監する可能性があることをカルク氏に伝えました。

そして、カルク氏は、公衆補習サービスとして200時間の奉仕を命じられました。さらに、250万ドルの罰金を支払うことが求められています。

カルク氏の弁護人は、「カルク氏はこれを認め、責任を持って取り組んでいます。」とコメントしました。