Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2024/02/20/nypd-drones-beaches-drowning-swimmers/?utm_source=newsshowcase&utm_medium=gnews&utm_campaign=CDAqEAgAKgcICjC19MELMNeP2QMwns3bAQ&utm_content=rundown

ニューヨーク警察(NYPD)が、ビーチでの溺れかけた泳ぎ手を救助するためにドローンを使用する計画を発表しました。この取り組みは、ビーチでの溺れ事故の予防と効果的な救助活動を目的としています。

NYPDのチーフは、「ドローンを使用してビーチでの緊急事態に迅速に対応することができるようになるだけでなく、警察官の安全も確保することができます。」と語りました。

この計画は、NYPDがイーストハンプトンとファイアアイランドのビーチにおいてパイロットプログラムを開始する予定です。ドローンは、ビーチでの警察活動をサポートするために使用され、溺れた泳ぎ手を特定して迅速に救助することができます。

この取り組みに賛成の声も多い一方で、プライバシーの懸念を抱く声もあります。NYPDは、ドローンの使用が法的に規制され、ビーチでの救助活動にのみ使用されることを強調しています。

今後の展開が注目されるニューヨーク警察のドローン導入計画について、各所で議論が続くことが予想されます。