Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.ktnv.com/news/30-electric-buses-hit-the-road-at-harry-reid-international-airport

ハリー・リード国際空港で30台の電気バスが運行開始

ネバダ州ラスベガス市、ハリー・リード国際空港から、最新の環境に優しい選択肢が登場しました。先進的な減排プログラムの一環として、同空港に30台の電気バスが導入され、運行が開始されました。

この取り組みは、持続可能性と環境保護を重視する重要な一歩です。電気バスの導入により、空港内の騒音や二酸化炭素排出量の削減が見込まれています。新たなバスは静かで経済的であり、地元コミュニティにとっても健康的な選択肢となります。

ハリー・リード国際空港の管理者であるローズマリー・ヴァスクエス・アンドレスン氏は、「私たちの目標は、よりクリーンで持続可能な運転を目指しています。電気バスの導入は、地域社会に対する責任と環境保護の一環です。ハリー・リード国際空港は、今後ますます成長していくでしょう。」とコメントしました。

新しい電気バスは、石油由来の燃料に依存しないため、大気汚染の低減にも寄与します。この取り組みは、地域社会の健康や安全にもプラスの影響を与えます。

ネバダ州交通局は、現在のフリーシャトルバスサービスを、より環境に優しい輸送方法へアップグレードするために、このプロジェクトに参加しました。電気バスは、よりクリーンなエネルギー源を使用し、地域の効果的な大規模交通システムの構築を支援します。

今後数年間でハリー・リード国際空港への乗客数は増加が見込まれており、より持続可能な交通手段の重要性が高まっています。この取り組みは、空港が将来的な需要に対応するために重要な投資となります。

ラスベガス市民は、この環境に優しい交通プロジェクトについて好意的な反応を示しています。ハリー・リード国際空港の新たな取り組みによって、街全体が持続可能な未来の実現に向けてさらなる一歩を踏み出しました。

電気バス30台の導入は、ラスベガス市とハリー・リード国際空港にとって大きな前進です。この新たな取り組みが成功を収め、他の都市や空港でも採用されることが期待されます。