Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.nydailynews.com/2023/11/12/hitting-the-brakes-on-e-bikes-new-york-needs-legislation-to-regulate-motorized-two-wheelers/

ニューヨーク州、電動自転車の規制化を求める法制定必要性を議論

ニューヨーク州は現在、急速に増加する電動自転車(eバイク)の規制化に向けた法制定の必要性を議論している。地方当局者や安全専門家は、交通事故や公共の安全への懸念から、政府の介入が不可欠と主張している。

近年、電動自転車はニューヨーク市内で急速に人気を集めており、特にフードデリバリーサービスなどで使用されることが増えている。一方で、これらのeバイクは自転車と自動車の間に位置するため、交通法規に縛られずに走行することが多いと指摘されている。

ニューヨーク市警察の統計によると、直近の12ヶ月間におけるeバイクによる交通事故は急増し、特に広範な歩行者や自転車利用者との接触が増えているという。安全専門家は、現行の交通法規により電動自転車の速度制限や保険加入が義務付けられていないことが大きな課題だと指摘している。

ニューヨーク市では電動自転車事業者と消費者の両者による反対意見も確認されている。eバイク事業者からは、法制定によってビジネスへの制約が加わることへの懸念が示されている。一方、消費者からは、迅速な規制導入を求める声が高まっている。

地方自治体と州当局は、この問題に対する解決策について協議を重ねている。法制定によるeバイク事業者への規制や、速度制限、ライセンス要件、保険加入の義務付けなどが話し合われている。

カーティス・ジョーンズ議員は、「電動自転車の普及は素晴らしいものであり、交通手段の多様化を促すものだ。しかし、公共の安全を確保するためには法制定が必要なのは明らかだ。地域によってさまざまな規制が行われている今、一本化された統一的な法律を定めることが求められる」とコメントしている。

現在、ニューヨーク州議会ではeバイクに関する法制定の準備が進められており、交通安全の向上を目指すための具体的な対策が検討されている。今後の議論と進展が注目される。