Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.khou.com/video/news/education/houston-isd-staff-eastwood-academy-high-school/285-eb2fd1bb-3d08-4618-945c-c9b8efd2eca9

ヒューストンISDの教職員、イーストウッド・アカデミーハイスクールで生徒の顔に監視カメラ設置

ヒューストン、テキサス州 – ヒューストンISD(Independent School District)のスタッフが、イーストウッド・アカデミーハイスクールで生徒の顔に監視カメラを設置していたことが明らかになった。

この問題は、学校が保護者たちに対して顔認識技術を用いた監視カメラの設置を通知していなかったことによって発覚した。これにより、保護者たちの間で懸念と怒りの声が広がっている。

保護者たちは、学校が生徒のプライバシーを侵害したとし、学校当局による詳しい説明と状況の改善を求めている。また、生徒たちには個別の許可が得られなかったことも明らかになり、その違法性が指摘されている。

一部の保護者は、自分たちの子供たちが学校で撮影された映像や写真が無許可で共有されるリスクを懸念している。また、監視カメラによる顔認識技術は精度に欠けることがあるため、誤った結果による不正確な識別が起こる可能性もあると指摘されている。

ヒューストンISD当局は、この問題について調査を行うと共に、保護者たちの懸念に真摯に向き合う姿勢を示している。学校関係者は、今後は監視カメラの操作と設置について、より透明性のある方針を策定する予定であると述べた。

なお、この問題に関してはヒューストンISDだけでなく、全国的に学校関係者と生徒のプライバシーの問題が取り上げられている。今後、この問題が解決されることを期待したい。