Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.bisnow.com/washington-dc/news/deal-sheet/this-weeks-dc-deal-sheet-121595

最新のDCディールシート
(オリジナル記事のタイトル:This Week’s DC Deal Sheet)

ワシントンDCで最新の不動産ニュースが入ってきた。今週のDCディールシートをお届けしよう。

まずは、地域の有力開発企業であるJair Lynch Real Estate Partnersが、ワシントンDCのC StreetにあるThe Glass Houseというプロジェクトを1億ドルで取得したことが明らかになった。このプロジェクトは、360,000平方フィートのオフィススペースと20,000平方フィートの小売スペースからなるもので、ローンプランドによって建設された。Jair Lynch Real Estate Partnersは、このプロジェクトを活気のある地区に変えることを目指している。

次に、成長著しいテクノロジー企業がDCで大型取引を行った。Penn Virginia Corporationは、GeorgetownCircle.comが報じたところによると、テキサスのエネルギー企業であるLone Star Global Acquisitionsから、530 Wissconsin Ave. NWに位置する3階建てのオフィスビルを約8000万ドルで購入した。このオフィスビルは、テナントの重要な拠点として機能し、新しいオフィススペースの需要に応えることになるだろう。

さらに、GEICOは首都圏で新たな拠点を開設する予定だ。保険大手のGEICOは、同地で大きな成長を遂げており、その需要を受けて15万平方フィート以上の追加スペースが必要になってきたため、新たな場所を探していた。そして、このたび、バージニア州アーリントンにあるOneBallstonPlazaを取得したことが明らかになった。これにより、GEICOは13階建てのビル全体を占有し、今後の成長に備えることができる。

最後に、ワシントンDCでの住宅事業に進出する新しいプレーヤーが現れた。Glenstone Realty Advisorsは、ワシントンDCのヒルイースト地区にあるTheBowerと呼ばれる210ユニットの新築マルチファミリープロジェクトを9,700万ドルで購入した。これにより、ワシントンDCにまだ未知の新しい不動産会社が始動した。

以上が今週のDCディールシートのハイライトである。ワシントンDCの不動産市場は活況を呈し、さまざまなプロジェクトの進行や新たな企業の進出が続いている。今後も目が離せない状況である。