Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://nypost.com/2023/11/09/opinion/nyc-is-on-verge-of-fiscal-cliff-because-officials-spend-like-drunken-sailors/

ニューヨーク市は財政的危機の瀬戸際にある。オフィシャルが酔っ払った水兵のように支出を行っているためである。

先週、市内で行われた財務委員会の会合で、ニューヨーク市財政は非常に深刻な状況にあることが明らかになった。今回の危機は、市の公的機関が堅実な財政計画を立てずに、深刻な財政問題を招いた結果である。

ニューヨーク市政府は、最近の財政政策によって予算を大幅に超過し、無計画な支出を続けてきた。これにより市の借金は膨れ上がり、今では支払いのし過ぎにより貯金は底をついてしまった。

専門家によれば、市政府はこの深刻な財政危機から抜け出すために、即座に行動を起こす必要があるという。市の政府関係者は、十分な節約策と収入増の手段を迅速に導入しなければならない。

市民は、この財政危機の原因が公的機関の浪費癖にあると非難している。公的機関では、税金の無駄な使い道や効率の悪い運営が頻繁に見受けられる。市民からは、税金の使い道についての透明性と責任を求める声が上がっている。

現在の財政危機は、市民に深刻な影響を及ぼしている。予算の逼迫により、教育や公共交通機関などの重要な公共サービスへの予算削減が懸念されている。

ニューヨーク市政府は、この財政危機を真剣に受け止め、市民に対して財政改革の努力を約束しなければならない。市の責任者は、市民の信頼を取り戻すために財政健全化を図らねばならない。

この財政危機を克服しなければ、市の未来は暗いものになるかもしれない。市政府は、責任ある立場からの労働と財政計画を作り上げることで、市を再建する道を見出さなければならない。市民はこれまでの無計画な支出による財政危機に耐えることはできないだろう。