Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.wusa9.com/article/news/health/flu-cases-picking-up-in-washington-dc/65-bf048c21-842d-4766-8c5e-d3eee519acba

フルワシントンD.Cで増加傾向、厚生局が注意喚起

ワシントンD.C.――ワシントンD.Cで季節性インフルエンザの感染が増加していると、地元の厚生局が報告しました。市内の医療機関における患者数が増加傾向にあるため、市民に警戒と予防策の徹底を呼びかけています。

厚生局によれば、インフルエンザの患者数はこれまでに比べて急増しており、特に高齢者や幼児に症例が多く見られます。この増加はウイルスの広がりやすい寒冷な気候や人々の密集な環境が原因とされています。

市民の健康と公衆衛生を守るため、厚生局は以下の予防策を推奨しています。

1. 予防接種: インフルエンザワクチンの接種が重要です。予防接種を受けることで、感染リスクを低減できます。また、医療機関や薬局でワクチンが提供されています。

2. 手洗いと咳エチケット: 頻繁な手洗いと咳やくしゃみをする際には、咳エチケット(ティッシュや肘の内側で口や鼻を覆う)を守るようにしてください。

3. 公共の場での感染リスク低減: 感染リスクの高い場所での長時間の滞在は避けましょう。公共交通機関を利用する際には、マスクの着用や手指消毒を心掛けましょう。

厚生局はさらに、インフルエンザの症状(発熱、咳、鼻水、倦怠感など)がある場合には医療機関を受診するようアドバイスしています。早期の診断と治療は重要であり、感染拡大を抑制するためにも市民の協力が必要です。

ワシントンD.Cでは、インフルエンザ対策に向けた啓発キャンペーンも展開される予定です。市民は厚生局の指示に従い、予防策を実践することで、感染拡大のリスクを低減させることができます。