Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.pbs.org/newshour/economy/hawaii-economists-say-lahaina-locals-could-be-priced-out-of-rebuilt-town-without-zoning-changes

ハワイの経済学者は、ラハイナの地元住民が土地利用規制の変更なしでは再建される街から追い出される可能性があると指摘

ハワイ州マウイ島に位置するラハイナは、その美しいビーチや観光地として知られる街である。しかしながら、地元住民がその再建計画によって追い出される可能性があると専門家が警告している。

PBSニュースアワーによると、ハワイ州内の経済学者たちは、ラハイナの再建計画において土地利用規制の変更が行われない限り、地元住民が高騰する住宅価格に追いつけず、追い出される恐れがあると指摘している。

ラハイナはハワイ州有数の人気観光地であり、その美しい風景や文化的な魅力によって一年中たくさんの観光客が訪れる。しかし、この地域の住民は、地元経済の変動や観光業の影響を受けてきた。

ラハイナの再建計画では、より高い建物やより大規模な観光施設の建設が計画されており、これによって地元住民の生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されている。

土地利用規制の変更が行われない場合、ラハイナの再建計画によって周辺地域の地価および住宅価格が上昇することが予想されている。この結果、地元住民は高騰する住宅価格に追いつけず、追い出される可能性があると経済学者たちは主張している。

この問題に対して、ハワイ州政府やラハイナの地元自治体は注目を集めている。地元住民の利益を保護するために、土地利用規制の変更や低所得者向けの住宅政策などの措置が求められている。

さらに、観光業以外の産業の振興や、地元住民の経済への参加促進も提案されている。これによって、ラハイナの再建計画が地元住民にとってメリットをもたらすことが期待されている。

ラハイナの地元住民は、自らの地域での暮らしや伝統の継続を重視しており、これまで地元経済の発展に貢献してきた。そのため、彼らが土地利用規制の変更なしでは再建される街から追い出されることは望ましくないと考えられている。

この問題は今後も注目されることであり、ラハイナの再建計画が地元住民にとって公平かつ持続可能な未来を保証するために、様々な関係者の取り組みが求められることとなるだろう。