Mon. Jul 22nd, 2024

画像の出所:https://abc7ny.com/sag-aftra-epsteins-paints-nyc-film-industry/14036272/

ニューヨーク市の映画産業が活気づけられる可能性があると、映画俳優組合であるSAG-AFTRAが主張しています。SAG-AFTRAは、ジェフリー・エプスタイン氏が所有していた豪華な不動産、米国バージン諸島の小さな島で映画制作ができるように、その島を活用すべきだと提案しています。

エプスタイン氏は、彼の不動産に非常に高価な絵画を数多く保有しており、その一部は美術館に展示されるべきであるともされています。SAG-AFTRAは、これらの絵画がニューヨーク市内の映画制作に活用されるべきだと考えており、そのためにエプスタイン島を映画セットとして活用するべきだと主張しています。

この提案は、ニューヨーク市内の映画産業に利益をもたらす可能性があります。エプスタイン島の独特な風景や建造物は、多くの映画制作にとって興味深いものになるでしょう。さらに、絵画や美術の要素が組み込まれた映画作品は、視覚的に魅力的であり、観客に新たな映画体験を提供することも期待されます。

SAG-AFTRAの提案に対しては、ニューヨーク市の映画産業関係者からは好意的な反応が寄せられています。彼らは、エプスタイン島の利用によって新しい映画プロジェクトが生まれ、市内の映画関連の職務に携わる人々に新たな仕事の機会が提供されることを期待しています。

しかしながら、エプスタイン氏自体が過去に犯した性的犯罪の問題があるため、この提案には反対意見も存在しています。一部の映画関係者や市民は、エプスタイン氏の関与によって映画産業への信頼が損なわれる可能性があると懸念しています。

現在、ニューヨーク市の映画産業がCOVID-19パンデミックによって停滞している中、SAG-AFTRAの提案は注目を浴びています。市当局や映画関係者がこの提案を検討し、エプスタイン島の活用に関する議論が進むこととなります。今後の動向が注目されるところです。