Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2023/10/25/timothy-tim-pearson-eric-adams-migrant-shelters-nypd-edc/

ニューヨーク市議会の議員、ティモシー・ピアソン(Timothy Pearson)氏が、市民の安全性を脅かす可能性のある移民収容施設の建設に反対する声明を出しました。彼は、NYCの新市長エリック・アダムス(Eric Adams)氏と共に、NYPDとEDC(NYC経済開発公社)に対し、この計画の継続を再評価するよう要求しています。

ピアソン議員は、「私たちはニューヨーク市において、移民の人々を支援する責任を持っていますが、この計画にはさまざまな懸念があります。特に、安全面や適切なサービスの提供についての問題が存在します」と述べました。

この声明は、移民収容施設の建設計画が進められる中、市議会内での懸念の高まりを反映しています。議員たちは、移民の人々を支援する方針は支持しながらも、建設予定地の近隣住民の意見や安全面への配慮を重視する必要性を主張しています。

この計画は、ニューヨーク市が一連の移民収容施設を建設することを目指して進められており、その中でもブルックリン、クイーンズ、ブロンクスに3つの施設が建設される予定です。しかし、建設地域の住民や一部の市議は、建設予定地周辺の社会的影響やコミュニティへの負荷、そして移民の人々を保護する適切な環境を提供できるのかについて懸念を抱いています。

アダムス市長は、ピアソン議員の声明に対し、慎重な検討を行うと述べました。移民問題には敏感に対応する必要があり、計画の再評価につながる情報収集を行うと述べました。

NYPDおよびEDCは、議員たちの要請に応じ、計画を再評価することを約束しました。彼らは、公衆の安全を確保するため、また移民の人々のニーズを適切にサポートするために、建設計画をより効果的に調整する方策を検討すると述べています。

今後、市議会と市当局は、移民収容施設の建設計画について改善策を模索し、関係者や市民の安全性・福祉を守るために協力していく予定です。この問題の解決に向け、議員と市当局の対話が重要視されるでしょう。