Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.civilbeat.org/2023/09/hawaii-needs-to-build-hundreds-more-miles-of-firebreaks-to-protect-against-wildfire/

ハワイ、山火事から保護するために数百マイルの防火帯を建設する必要がある

ハワイの気候変動による山火事リスク増大に対応するため、ハワイ州は数百マイルにわたる防火帯の建設を進める必要があると専門家が警告しています。

最近の研究によると、2022年から2023年にかけての山火事の発生件数が過去最高に達し、ハワイ州の森林や住宅地に大きな被害をもたらしています。ハワイ州火災対策局によると、山岳地帯や乾燥気候の地域において、火災の脅威は年々増加しており、これは気候変動の影響によるものとされています。

ハワイ大学の研究者らは、ハワイ州政府に対し、より広範な地域に防火帯を設けるよう要請しています。防火帯は、森林や住宅地を横断する可能性のある山火事の拡大を防ぎ、被害の最小化に役立つとされています。現在、ハワイ州内には限られた数の防火帯が存在していますが、それらの規模は将来起こりうる山火事への対応としては不十分と言わざるを得ません。

地元の消防士や環境保護団体は、防火帯の建設には財政的・人的な資源が必要と指摘しています。これに対してハワイ州政府は、連邦政府からの補助金を活用しながら、より多くの防火帯の建設を進める計画を立てる必要があります。

ハワイ州知事は、現在のリソースを最大限に活用し、地元のコミュニティと協力して防火帯の整備を推進する意向を示しています。さらに、ハワイ州議会と地元自治体には、山火事リスクの把握と対策の強化に向けて、積極的な支援と予算配分が求められます。

ハワイ州公共の安全のために、連邦政府、地方自治体、研究機関、地域社会が連携して、より広範な防火帯の設置に向けて取り組むことが求められます。ハワイ州の美しい自然環境を守るためにも、積極的な取り組みが今後ますます重要とされています。