Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.wbur.org/news/2023/10/24/boston-city-hall-landmark-status-newsletter

ボストン・シティーホール、ランドマーク登録へ
-ニュースレター報道-

ボストン市議会は、ボストン市庁舎にランドマークの地位を与えることを提案している。ボストン市庁舎は、1960年代に建設され、その特異な外観で知られている。

この提案は、ボストン市庁舎保存委員会が発行した最新のニュースレターで明らかにされた。そのニュースレターは、市庁舎の歴史的な価値を強調し、建物を保護するための措置の重要性について述べている。

ボストン市庁舎は、政府の中心として機能するだけでなく、建築やデザインにおいても非常に特異な存在である。建物は、20世紀の建築家であるケビン・ローシアによってデザインされ、ブルーグラス群芳草園の一部として認識されている。

ニュースレターによれば、ボストン市庁舎は長い間、ボストンのランドマークの象徴として認識されてきたが、ランドマークとしての正式な認定はまだ行われていなかった。

市庁舎保存委員会は、市庁舎の建物の歴史的な特徴や重要性を詳細に調査し、ランドマーク登録の必要性を示した。これにより、建物が保全され、将来の開発計画による影響を受けることがなくなる。

ボストン市長のジェーン・ドーは、市庁舎をランドマークとして認定する計画を支持し、市議会に早急な審議を促している。ドー市長は、市庁舎の保存に継続的な関心を持つことの重要性を強調している。

一方、市庁舎のランドマーク登録には懸念も存在する。一部の市民らは、建物の外観が特異であることから、新しいデザインや機能の導入が困難になることを心配している。しかし、保存委員会は、建物の歴史的な価値やそのアイデンティティが重視されるべきであると主張している。

ボストン市庁舎がランドマークとして正式に認定されれば、これまで以上に市民の認識と関心を集めることでしょう。今後の審議が注目されるところです。