Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.usgs.gov/observatories/hvo/news/volcano-watch-tsunamis-pose-a-major-threat-hawaii-247-monitoring-ptwc

ハワイ州の緊急事態管理当局(Hawaii Emergency Management Agency:HI-EMA)は、地球物理学研究所(U.S. Geological Survey:USGS)と国立海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)の太平洋津波警報センター(Pacific Tsunami Warning Center:PTWC)との協力関係の重要性を強調しています。これは、ハワイにおける津波の脅威が24時間365日監視が必要なものであることから鑑みられたものです。

数十年にわたりハワイの津波警報システムをサポートしてきたPTWCは、津波警報の発令、データ分析、水位観測などを担当しています。また、USGSの地質学者たちは、監視装置や監視システムのメンテナンス、および可能性のある噴火活動の予測と評価にも貢献しています。

津波は、地震、火山噴火、または地滑りなど、さまざまな原因によって発生することがあります。ハワイは、太平洋火山帯の一部であり、多くの活動的な火山を抱えているため、津波の脅威に晒されています。特に、キラウエア火山の周辺では、地震や火山性地滑りによる津波発生のリスクが高まっています。

HI-EMAのエグゼクティブ・オフィサーであるHawai‘i Countyのティルマン・ヘリー氏は、「ハワイの住民や観光客の安全は最優先事項であり、30年以上にわたりPTWCとの協力関係はこの目的の達成に不可欠なものです。ハワイ州は、この重要なパートナーシップを通じて津波発生時の迅速な警戒体制を確立し、安全な環境を提供することができます」と述べています。

PTWCは、最新の科学技術と優れた専門知識を駆使し、災害リスクを評価し、津波予測モデルを使用して津波発生の可能性を警戒しています。彼らの専門家チームは、監視カメラ、潮位計、地震計などのデータをリアルタイムでモニタリングし、必要に応じて警報を発令することができます。

このような常に活発なシステムの存在は、ハワイの防災や避難計画において重要な役割を果たしています。住民や観光客は、定期的な情報の提供や適切な警戒態勢の確立によって、津波に対する備えを行うことができます。

ハワイ州では、今後もPTWCとの協力関係を継続し、地域の安全確保に取り組んでいくことが明言されています。HI-EMAとUSGSは、さらなる災害リスクの研究と監視に取り組み、ハワイの住民や観光客の安全を守るための貢献を続けていく意欲を示しています。