Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://www.wusa9.com/article/news/local/dc/disabled-dc-man-loses-voucher-faces-eviction/65-73491663-53a4-4273-84d2-e239ba648b10

障害を持つDCの男性、住宅補助券を失い立ち退きの危機に直面

ワシントンDC- 昨日、ワシントンDCのジョージタウン地区に住む障害を持つ男性が、住宅補助券を失い、立ち退きの危機に瀕していることが分かった。

この男性、リチャード・ウィルソンさんは、2015年に脳卒中により障害を負い、その後は特別な介助を必要としている。彼は現在、ワシントンDCの住宅公社が提供する低所得者向けの住宅補助券を利用して一人暮らしをしていた。

しかし、最近になってウィルソンさんは、住宅補助券を失い、立ち退きを迫られている状況に置かれている。彼は、住宅公社からの連絡を受けて、補助券が取り消されたことを知ったという。この取り消しの理由について詳細は不明である。

ウィルソンさんはこの補助券を利用して、現在の住居を手に入れた。しかし、彼が立ち退かざるを得なくなれば、新たな住居を見つけることが困難な状況に直面することである。

彼の弁護士によると、ウィルソンさんは現在、市内の他の公営住宅に移るための手続きを進めているが、まだ新しい住居が見つかっていないとのこと。このまま立ち退きを余儀なくされれば、ウィルソンさんの生活状況は非常に厳しくなるであろう。

補助券を失うことで、ウィルソンさんは不本意な立ち退きと引っ越し費用の負担に直面している。ご近所の多くの人々は、彼に対し同情を示し、立ち退きを回避するための支援を約束している。

ワシントンDCの住宅公社は、この件についてコメントをしていないため、補助券の取り消しの具体的な理由については明らかになっていない。この問題の解決策を求め、関係者は引き続き協議を進めている。

ウィルソンさんにとって、立ち退きの辛い状況から抜け出すために、新たな住居探しに絶え間ない努力が求められる。彼の近隣の人々や支援団体の力強いサポートが必要不可欠となっている。