Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://missionlocal.org/2023/10/whats-in-a-name-chinese-candidates-name-assumed-by-non-chinese-rival/

記事タイトル:名前に込められた意味:中国系候補者の名前、非中国系の対立候補によって使用される

近年、サンフランシスコの選挙戦線で驚くべき事件が発生しました。11月の市長選挙に出馬することを発表したキム・チョンメイ候補の名前が、非中国系の対立候補によって不正に使用されているというのです。

この事件は、現地のメディアで広まり、市民から広範な関心を集めています。事件の発端は、キム・チョンメイ候補が選挙キャンペーンで使用する予定のポスターに相反する候補者の名前が掲示されたことから始まりました。

元々、キム・チョンメイ氏の名前は、彼女の中国系の人々に対する強いアイデンティティーを示すために選ばれたものでしたが、対立候補であるジェイムズ・ウィルソン氏によって単純に彼自身のポスターに名前を載せるために使用されました。

ウィルソン氏は、この行為を「単なるミス」であると主張しており、彼が自身の名前の表記に気をつけていなかったことを認めました。しかし、市民からはこの説明に疑問の声が上がっています。

市民の一人であるローズ・チェンさんは、「キム・チョンメイ候補の名前は彼女自身のアイデンティティーを示すものであり、それを他の候補者が勝手に使用するのは完全に無礼です」と話しています。

これに対し、ウィルソン氏は謝罪を表明し、彼女の名前を削除し、事件が起きなかったように選挙キャンペーンを進めると述べました。

一方のキム・チョンメイ候補は、事件が彼女のキャンペーンに少なからず影響を与えたことを認めつつも、「私の名前は私自身のアイデンティティーを反映しており、私の中国系のルーツへの尊敬を示しています。私はこの名前を誇りに思っています」とコメントしました。

この事件は、選挙戦線での名前使用における倫理的な問題にも再び焦点を当てました。今後、市議会はこのような問題を解決するためのガイドラインを策定する可能性があります。

市民からは、選挙戦線での名前使用に関する明確なルールが必要であるとの声も上がっています。今回の事件を受け、候補者の名前使用に関する法的な規制の強化が模索されることが予想されます。

選挙戦線におけるこの出来事は、市民の間で議論を巻き起こし、選挙の公正さと候補者の尊重に関する重要な問題を提起しています。今後の展開に注目が集まります。