Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.cnn.com/2023/10/24/us/alaska-airlines-disruption-off-duty-pilot-tuesday/index.html

米アラスカ航空、非番のパイロットによる乱れで数十便が欠航

米国アラスカ州に本拠を持つアラスカ航空は火曜日、非番中のパイロットが航空運行に問題を引き起こし、数十便が欠航したことを発表しました。この乱れにより、乗客や関係者に不便を強いることとなりました。

アラスカ航空はブローウンド・フィールド空港でのフライト中、非番中のパイロットが機内アナウンスシステムを不正に使用し、重大な遅延および欠航の原因となったことを明らかにしました。この非番のパイロットは警察の調査を受けることとなりました。

アラスカ航空の広報担当者は声明の中で、「このような極めてまれな事態が発生したことを深くお詫び申し上げます。非番のパイロットの行動は明確に我々の運航基準と相いれないものであり、我々が責任を持って対応していくことをお約束いたします」と述べました。

この乱れにより、アラスカ航空のスケジュールには大幅な影響が生じました。アラスカ航空によれば、火曜日には国内および国際便合わせて約50便が欠航となりました。同社は乗客に対し、運賃の払い戻しや代替航空便の提供、アフターケアサービスの提供など、適切な対応を行っていく予定ですが、その詳細は現在調整中です。

この事件により、多くの旅行者やビジネスパーソンが予定を変更する必要が生じました。アラスカ航空は混乱を最小限にするため、できる限りの措置を講じるとともに、今後の同様の事態を防止するための対策を徹底する意向を示しました。

アラスカ航空は現在、事件の原因や非番のパイロットの動機について調査を進めています。一連の事件による損害や遅延に伴う補償に関しても、同航空会社は適切な対応を行っていく方針です。