Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.nycitynewsservice.com/2023/10/23/s12-e2-full-episode/

Title: 不安なメタボリック症候群:COVID-19パンデミックの長期的影響

ユーセフ・ラッシュドさん(24歳)のスマートフォンが、簡潔な通知を受け取った。それは彼が数年前から取り組んでいたニューヨーク市衛生局の栄養士との連絡係であった。その通知は、徐々に悪化する状態にあると警告するものだった。彼はMetS(メタボリック症候群)を発症している可能性があるというのだ。

彼は市内在住で、以前から運動不足や食生活の問題に悩まされていることを自覚していた。しかしながら、COVID-19のパンデミックと共に、彼の生活スタイルは大きく変化した。ジムの閉鎖や外食の制限など、健康的な日常生活維持のために必要な多くの面が制約されたのだ。彼は他の多くのニューヨーカーと同様に、この健康危機を経験していた。

メタボリック症候群(MetS)は、肥満、高血圧、高血糖、高トリグリセリド血症、低HDL(善玉)コレステロールの状態が同時に存在する疾患である。この疾患は心臓病や2型糖尿病など、重大な健康リスクにつながる可能性がある。

ラッシュドさんのように、COVID-19のパンデミックは、特に生活スタイルへの悪影響が現れる人々にとって、メタボリック症候群に罹患するリスクを高めることが示唆されている。

ニューヨーク市衛生局によると、メタボリック症候群の前兆の一つである運動不足やエネルギー摂取過剰は、パンデミックによるストレスや外部の制限によって増加した可能性があるという。加えて、外出制限は外食や新鮮な食品の入手を困難にし、食事の質の低下をもたらす可能性がある。

COVID-19パンデミックによる長期的な社会的制約のため、多くの人々が活動量低下や不健康な食事に頼る傾向があることは深刻な問題だ。その結果、健康問題の増加が懸念されている。

現在、ニューヨーク市の保健当局は、パンデミックによる悪影響に苦しむ人々を支援するための取り組みを行っている。それには、健康食品の提供や屋外での運動イベントの開催、栄養指導に重点を置いたプログラムなどが含まれている。

ニューヨーク市はまた、市民に対し、適度な運動とバランスの取れた食事を継続することの重要性についても啓発している。また、市内にある公園や運動施設へのアクセスも強化される予定だ。

ラッシュドさんは、自身の健康を取り戻すべく、健康食品や運動イベントに積極的に参加することを決心した。彼はこのメールをきっかけに、自分自身への注意を高めることにしたのだ。

ユーセフ・ラッシドさんはCOVID-19の長期的な影響に悩まされた1人の中の数多くのニューヨーカーである。彼は自身の健康を回復するために、続けて頑張り、健康的な生活を取り戻すことを願っている。