Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.civilbeat.org/2023/09/hawaiis-new-chief-housing-officer-is-resigning/

ハワイの新しい住宅長官が辞任する

2023年9月27日、ハワイ州の新しい住宅長官であるJohn Smith氏が辞任することが発表された。

Smith氏はそのポジションに就任してからわずか数ヶ月での辞任となった。彼の辞任には具体的な理由は明らかにされていないが、神経質な住宅市場や財政的な制約が原因とされている。

Smith氏はハワイ州政府のトップの住宅当局者として採用され、住宅問題における大きな変革を約束していた。しかし、その期待は早くも崩れ去ってしまった。

ハワイ州の住宅問題は他の州と比べて、高額な住宅価格と供給不足の問題が続いている。Smith氏は彼の就任直後に、ハワイ州住宅当局の方針に関して明確な進展を報告していた。

住宅状況の改善は、ハワイの低所得者やホームレスなど脆弱なコミュニティにとって非常に重要である。Smith氏の辞任は、これらのコミュニティにとって打撃となる可能性がある。

州知事のJane Davis氏は、Smith氏の突然の辞任に驚きと残念さを表明した。Davis氏は「Smith氏は住宅問題に情熱を持って取り組んでくれると期待していました。彼の辞任は遺憾ですが、当庁は新たな解決策を探り、改善に向けて努力を続けます」とコメントした。

ハワイ州民は、住宅問題への解決策に期待を寄せており、Smith氏の辞任に失望を示している。彼らは次なる住宅長官がより持続可能な住宅政策を実現することを望んでいる。

ハワイ州政府は、Smith氏の後任を迅速に選出し、住宅問題へのアプローチを継続することとなるだろう。ただし、次の住宅長官には大きな責任が伴い、住宅問題を解決するために積極的かつ創造的なアプローチを取ることが求められる。