Fri. Apr 19th, 2024

画像の出所:https://www.11alive.com/article/news/local/debt-paid-morehouse-college-students/85-f4cbe96d-1533-4173-9984-e30fcc76d76b

タイトル:モアハウス大学卒業生による史上最大の学費免除

本日、ジョージア州アトランタのモアハウス大学は、歴史的な決定を発表しました。今年の卒業生全員の学費債務を免除することが決定されました。

モアハウス大学は、1875年に設立され、アフリカ系アメリカ人の教育機会を広げるために貢献してきた名門大学です。そして、今回の措置は、その使命を更に推し進めるためのものです。

この学費免除の発表により、約400人の卒業生の負担が大幅に軽減されます。本大学の学長であるジョン・ウィルソン氏は、この決定を「実に特別で歴史的な瞬間」と形容し、学生たちに対して「あなたたちの負債から解放され、人生を始める準備が整った」と伝えました。

この大胆な措置は、モアハウス大学の卒業生からなる慈善団体であるモアハウス残債支援グループによって可能になりました。同グループは奨学金基金を立ち上げ、寄付金を集めることで、学生たちの借金負担を軽減しようと試みました。

この取り組みには、卒業生のロバート・F・スミス氏の寛大な寄付も不可欠でした。スミス氏は、先日の卒業式のスピーチで、学費免除の達成に向けて1億5,000万ドルもの寄付を告知し、会場を沸かせました。

モアハウス大学は、この措置が学生たちにとって「自由な第一歩」をもたらすと楽観的に考えています。多くの新卒者は、この負債の免除によって、大学を卒業してから人生の新たな章をスタートすることができるでしょう。

さらに、この決定はアメリカ全土で波紋を広げています。学費負担の問題は、多くの学生とその家族にとって、将来への不安となっていました。モアハウス大学の取り組みは、他の大学や大学トラストに対しても示唆を与える可能性があります。

モアハウス大学の学長は、この決定が「人口経済に対する投資」とし、「若い人々が大胆で創造的な人生を生きることが確かなものとなるための重要な一歩」と説明しました。

教育がより包括的でアクセスしやすいものになるため、このような前例を作り出す大学の存在は喜ばしいものです。モアハウス大学の卒業生たちは、精神と経済的な負担が軽減され、さらなる成果を達成するために積極的に取り組めるでしょう。

モアハウス大学の学費免除は、アメリカ教育界における大きな節目となり、学生たちに明るい未来をもたらすことでしょう。今後の展開に注目したいところです。