Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.militarynews.com/norfolk-navy-flagship/news/top_stories/secnav-visits-navy-additive-manufacturing-center-of-excellence/article_fca31fdc-6f63-11ee-95d9-6704faae7e45.html

海軍の付属品製造センターを訪問したセクレタリー・オブ・ネイビー(SECNAV)は、先進的なプリンティング技術への重要性を強調しました。

最近の記事によると、再生可能な材料を使用して物質を作り上げる革新的な方法である3Dプリンティングが、アメリカ海軍の一部である付属品製造センターで発展していることがわかりました。

セクレタリー・オブ・ネイビー(SECNAV)であるカルロス・デルトーロ大臣は、付属品製造センターを訪問し、その最新の進歩について詳しく学びました。彼は、3Dプリンティング技術が将来的には海軍にとって非常に重要になることを示唆しました。

セクレタリー・デルトーロは、従来の製造方法よりもスマートで迅速な製造が可能な3Dプリンティング技術の潜在能力についてコメントしました。彼はさらに、3Dプリンティングが将来の軍事作戦の効率と柔軟性を向上させるための重要な役割を果たすことができると説明しました。

さらに、付属品製造センターの主任責任者であるトーマス・J・ウォーレン提督は、3Dプリンティング技術の発展によって、海軍がより効率的な製造プロセスを確立し、継続的な修理や補給を迅速に行うことができるようになったと述べました。

付属品製造センターは、さまざまな場所の海軍基地で3Dプリンターを使用して航空機、艦船、兵器などの部品を製造しています。3Dプリンティング技術の導入により、物資の調達や物流の負担を軽減し、修理や補給のスピードと効率を向上させることができます。

付属品製造センターの訪問中、セクレタリー・デルトーロは3Dプリンティング技術を展示したり、技術を使用して製品を作成したりするデモンストレーションを見学しました。彼は、この革新的な技術が将来の海軍の戦力を向上させることができるとの信念を示しました。

セクレタリー・デルトーロは、3Dプリンティング技術をさらに推進するために、海軍の付属品製造センターに対してサポートを約束しました。彼は、この技術が海軍の能力と競争力を向上させるだけでなく、維持費やリソースの節約にも役立つと強調しました。

付属品製造センターは、3Dプリンティング技術の活用によって、より効率的に部品を製造し、海軍の戦力を強化する準備が整っています。セクレタリー・デルトーロの訪問によって、この革新的な技術の重要性とポテンシャルが改めて確認されました。