Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://sfist.com/2023/10/20/sf-based-ai-company-anthropic-sued-by-music-publishers-for-using-pops-stars-copyrighted-work/

SFベースのAI企業Anthropicが、ポップスターの著作権保護された作品を使用したことを理由に音楽出版社から訴えられました。

SFistによれば、Anthropicは先日、彼らの新しい音楽作成ソフトウェアを発表しましたが、そのソフトウェアが著名なポップスターの楽曲を無断で使用しているとして、音楽出版社から訴訟を起こされました。

このソフトウェアは人工知能を利用してオリジナルの音楽作品を作成し、ユーザーに提供するもので、ジャンルや曲調などの要素を選択することで、新しい楽曲が生成される仕組みです。しかし、Anthropicが無断で著名ポップスターの楽曲を使用していたことが問題視されました。

音楽出版社は、「Anthropicが我々のクライアントの著作権を侵害し、利益を不正に得ようとした」と主張しています。出版社の代理人は、このケースがAI技術と著作権法の交差点に立っており、将来的な影響が大きいと指摘しました。

一方、Anthropicは著作権侵害の意図がなく、ソフトウェア内の使用は「フェアユース」に基づくものだと主張しています。彼らはソフトウェア内の楽曲が元の作品に比べて大幅に変化し、オリジナル作品とは異なるものとなっているため、問題がないと主張しています。

この訴訟はAI技術の利用における著作権法の適用範囲や、アーティストとの正式な契約なしにAIが作成した楽曲の使用についての争点となることが予想されます。

Anthropic側は現在、弁護士や法的アドバイザーと協力し、この訴訟に対して法的な対応を取る準備を進めています。一方で、音楽業界ではAIによる楽曲作成の可能性に対して新たな議論が巻き起こることも予想されます。

今後の展開が注目される一方で、この訴訟はAI技術の利用と著作権法のバランスを保護する重要な先例となることが期待されます。