Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://fox5sandiego.com/news/local-news/coyote-sightings-becoming-more-common-in-local-neighborhoods/

最近、サンディエゴの地元の住宅地で、コヨーテの目撃情報がよく報告されています。

『Fox 5 San Diego』によると、最近の報告によると、この地域ではコヨーテの目撃件数が増加していることが分かりました。住民からの報告によれば、コヨーテは主に夜間に出現し、住宅地を歩き回っているとのことです。

コヨーテは、小型犬や猫を襲うことがあり、住民の間で懸念が広がっています。また、コヨーテがゴミ箱を荒らしたり、庭に出入りしたりする姿も報告されています。

地元の動物保護機関である「サンディエゴ動物保護施設」は、住民に対し、コヨーテに出くわした場合は冷静に対応し、子供やペットを守るために注意するよう呼びかけています。彼らは、コヨーテが人間に対して襲ってくることは非常に稀であり、通常は恐れる必要はないと述べています。

この問題に関しては、サンディエゴ市当局も関与しており、住民からの報告を重視しています。市当局は、現在のところ、コヨーテを捕獲・排除する積極的な措置は取っていないとされていますが、状況が変わることもあり得ると認識しています。

コヨーテの増加は、都市化に伴う野生動物の生息地の縮小や食物の不足が原因とされています。また、住民が定期的にゴミを出すことや食べ物の残りを庭に捨てることも、彼らの出現を促している可能性があります。

住民は、コヨーテに遭遇するリスクを最小限に抑えるため、ゴミ箱をしっかりと閉め、食べ物の残りを庭に捨てないようにすることが重要です。また、夜間にはペットを監視することも勧められています。

地元の住民は、このコヨーテの問題に対して高い関心を示しており、今後の動きに注目が集まっています。