Fri. Jun 21st, 2024

画像の出所:https://bigislandnow.com/2023/10/20/big-island-man-pleads-no-contest-in-halloween-2020-murder-at-hilo-apartment-complex/

ヒロのアパートで発生した2020年のハロウィン連続殺人事件について、ビッグアイランドの男性が無罪を申し立てました。

2020年10月31日のハロウィンの夜、ヒロのアパートメントコンプレックスで2人の若者が殺害されました。事件は、当時の住民に大きな衝撃を与え、地域全体を恐怖に陥れました。

2023年10月20日、この事件の被告として起訴されていた50歳の男性が、無罪を主張しました。彼は裁判で起訴事実を否認し、「無実である」と述べました。

被告は元々は島外からの訪問者であり、当時の事件現場であるアパートに滞在していたと報じられています。しかし、当初の捜査では彼は重要な証拠を示すものはなかったため、すぐに釈放されました。

この事件では古いDNAのテストを再評価した結果、被告のDNAが現場の証拠品と一致することが判明しました。しかしながら、被告は自らの無実を証明するために進んで協力し、被告側の弁護士はこれを明確に強調しました。

証拠として提出されたDNA一致の証拠は一部ではあるものの、その他の物証は十分には揃っていなかったことから、被告には無罪を主張する余地が残されました。

被告の弁護士は、客観的な物証が十分に提供されず、彼のクライアントの無実を立証するために長い時間がかかったと述べました。また、被告の精神的な苦痛と疑惑に晒された長期にわたる裁判は、彼に大きな負担をかけたことを指摘しました。

裁判長は、物証が不十分であると判断し、被告を無罪とすることを決定しました。これにより、事件の真相は未だ解明されていない状態が続きます。

住民はこの判決に対して非常に議論を呼び起こし、不安を感じています。事件の背後にある真犯人が明らかにならない限り、彼らの安心は得られないだろうと言われています。

今後の捜査では、新たな証拠が発見されることを期待しています。被害者の家族や地域の人々にとって、真実が明らかにされ、公正な裁判が行われることが願われます。