Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.kxan.com/news/local/austin/austin-family-waiting-for-city-inspection-turns-trench-into-halloween-display/

オースティンの家族、市の検査待ちで溝をハロウィンディスプレイに変える

オースティン市- オースティンのある家族が、家の前の溝をハロウィンの飾り付けに変えることによって地域の注目を浴びています。この創造的なアイデアは、市の検査待ちで家を立ち退かなければならない困難な状況を利用したものです。

マイケル・ドイルさんとその家族は、家族で行う楽しいイベントを通じてコミュニティメンバーと交流するのが好きでしたが、今年は家の修理に多くの時間を割かなければなりませんでした。また、オースティン市の検査を受けるために、彼らはしばらく家を立ち退かなければならないという課題も抱えていました。

しかしこの困難な状況に彼らは立ち向かい、それを利用してユニークで楽しいハロウィンディスプレイを作り上げることを決めました。彼らは家の前の溝を使って、お化け屋敷のようなイメージを再現しました。溝の両側には、シートで作られた幽霊が浮かび上がり、カボチャの頭を持ったドラキュラが出現します。

その驚くべきディスプレイを見て、地元の子供たちは大喜びしました。ドイルさんは、「多くの子供たちがここに来て、私たちのディスプレイを楽しんでくれて、それがとてもうれしいです。特に今年のような難しい年に、少しでも喜びを届けることができたなら嬉しいです」と述べています。

このユニークなアイデアは、オースティンの他の住民にも触発を与えました。地元の新聞社は、ドイルさんのストーリーを公開し、他の家族や個人にも創造的なディスプレイを作り上げるよう呼びかけました。

オースティン市は現在、家の検査を待っているドイルさん一家に対してサポートを行っています。市庁舎の広報担当者は、「我々は住民の安全を最優先に考え、彼らが安心して家に戻れるよう尽力しています」と述べました。

ハロウィンが近づく中、オースティン市の住民はドイルさん一家の創造的なディスプレイを楽しみにしています。このユニークな取り組みが他の人々にも影響を与え、公共スペースを彩る創造的なハロウィンの飾り付けが広がることを期待する声もあります。