Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.fox5vegas.com/2023/10/20/checking-with-vegas-based-production-companies-sag-aftra-strike-nears-100-days/

ベガスを拠点とする製作会社におけるSAG-AFTRAストライキ、100日目迫る

ベガス(FOX5)– スクリーンアクターズギルド(SAG)とアメリカ映画俳優組合(AFTRA)に所属する俳優や芸術家などのメンバーによるストライキが、ベガスを拠点とする複数の製作会社に大きな影響を与えている。これにより、ストライキが勃発してからすでに100日が経過しようとしている。

昨年末から慢性的に紛争が続いてきたSAG-AFTRAストライキは、映画やテレビ番組の制作に大きな障害をもたらしている。製作会社では、俳優や芸術家たちが要求する労働条件や報酬体系の改善に踏み切るようSAG-AFTRAと交渉中だが、双方の意見の食い違いから合意に至っていない。

ベガスでは、さまざまな製作会社がストライキの影響を受けている。例えば、プレミアムチャンネル制作の新ドラマや、映画撮影などが中断されている。一部のスタジオは、代替の取材班を手配して撮影を続けているものの、製作予定を大幅に遅らせざるを得なくなった。

SAG-AFTRAストライキは、俳優や芸術家などのメンバーがより良い労働環境を求めるため、厳しい措置に打って出たものである。現在の労働契約では、彼らの労働条件や報酬に不満があると主張し、交渉力を強めている。

しかし、製作会社側は困惑ともいえる状況だ。彼らは大規模な映画やテレビプロジェクトに時間と労力を費やしてきたが、SAG-AFTRAメンバーとの交渉が難航しているため、計画が頓挫する可能性がある。

SAG-AFTRAストライキについて当事者にコメントを求めたところ、製作会社は現在、交渉のテーブルに戻るために努力していると説明した。また、SAG-AFTRAもそのような状況を承知しており、ストライキ後の交渉再開を待つ姿勢を示している。

ベガスの製作会社や映画業界にとっては、このSAG-AFTRAストライキの長きにわたる影響は深刻な問題となっている。双方が合意できる解決策を見つけるまで、製作業務が滞り続ける恐れがある。