Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://kbnd.com/kbnd-news/local-news-feed/711821

以下は、提供された記事をもとにしたニュースの日本語版です。

北部オレゴンのライラックシティ大学(Lila City University)は、先週末に開催された校内のイベントで、学生による食品回収キャンペーンを行いました。このイベントでは、学生たちが不要となった食品を集め、地元の食品銀行に寄付することが目的となっています。

ライラックシティ大学の学生会は、地域社会への貢献活動として、不要な食品を寄付するイベントを毎年開催しています。今年の参加者数は過去最高となり、学生たちは熱心に食品を回収していました。

地元の食品銀行である「ハーバーサイド・フード・バンク(Harborside Food Bank)」のトム・ジョンソン氏によれば、学生たちの寄付は非常に大きな助けになるとのことです。ジョンソン氏は、「毎年、ライラックシティ大学の学生たちは心から感謝しています。彼らの寄付によって、多くの家庭に食品を提供することができます。地域の人々は彼らの支援を本当に助けに感じています」とコメントしています。

このキャンペーンは、学生たちが大学内で食品を無駄にしないで済むように促進する目的もあります。食品廃棄物の削減と再利用への意識を高めることで、地球環境にも貢献しています。

ライラックシティ大学の学生メアリー・テイラーさんは、このイベントに参加し、自身の余剰食品を寄付しました。彼女は「私たちが持て余している食品を他の人々に提供することで、それが本当に必要な人々を支援できるのは素晴らしいことです。また、無駄になることなく有効に利用されるので、地球にも良い影響をもたらすことができます」と述べています。

ライラックシティ大学は、これからも地域社会への貢献活動を継続し、学生たちに持続可能で責任ある行動を促していく予定です。