Fri. Jun 21st, 2024

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2023/10/18/tim-pearson-eric-adams-migrant-shelter/

2023年10月18日、ニューヨーク市の地方紙「The City」によると、ティム・ピアソン(Tim Pearson)市長府のスポークスパーソンがエリック・アダムス(Eric Adams)市長による移民受入施設開設の抗議に関して声明を発表しました。

記事によれば、移民受入施設の開設計画が進行しているニューヨーク市ブルックリン区バッシュウィック(Bushwick)地域では、数週間にわたり地元市民からの抗議活動が行われていました。移民受入施設は、入管移民局(ICE)が所有する旧マンハッタン刑務所跡地を再利用するもので、市民団体や地域住民は受け入れ施設の建設計画によって地域の安全や犯罪率の増加が懸念されるとして反対の声を上げていました。

これに対し、ピアソン氏は声明の中で、アダムス市長が進める移民受入施設計画は必要な措置であり、市民の安全性に配慮した施策だと主張しました。彼はさらに、ニューヨーク市の多文化性や寛容性を反映させるために、地域住民との透明な対話や十分な情報提供の必要性を強調しました。

記事では、抗議活動によってバッシュウィック地域が分断され、緊張が高まっていると報じられています。地域住民の中には、市政府が移民受入施設の建設計画を進めることに反対する市民団体と共感する人々も存在し、意見の対立が生じています。

一方で、アダムス市長は移民受入施設の必要性と移民支援政策の重要性を強調しており、施設の建設が地元経済や雇用にも好影響を与えるとの見方を示しています。また、市庁舎前での抗議活動に対し、市政府は平和的なプロテストを尊重する一方で、警察との連携を通じて公共の安全を確保する姿勢を示しています。

この報道によりますと、ニューヨーク市における移民受入施設開設計画に対する市民の意見対立は深まってきており、アダムス市長の政策に対しては賛否両論が存在していることが分かります。今後の展開や地域住民との協議の結果に注目が集まるところです。