Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.hawaiinewsnow.com/2023/10/18/one-complaint-gums-up-distribution-historic-hawaiian-homelands-waitlist-settlement/

One Complaint Gums Up Distribution of Historic Hawaiian Homelands Waitlist Settlement

ハワイ史上初のホームランド待機リスト解決の分配についての一つの苦情

オアフ島、ハワイ州−− ハワイ史上初の「ホームランド待機リスト」の解決が、一つの苦情による障害に直面しています。近日、多くの入植希望者が公正な分配と長い間壮絶な闘いを続けてきたハワイアンホームランドの正義への取り組みに暗雲が立ち込めています。

この先駆的な解決策は、2019年に合意されたホームランド待機リストの排除に取り組む「キャンプ・アマワリオ救済」計画の一環です。この計画では、ホームランドに対する待機リストの訴訟への対応として20億ドルの資金が確保され、入植申請者への公正な資金配分が行われる予定でした。

ところが、わずか数日前、ホームランド待機リスト解決の分配が始まる直前、一人の申請者が不服を申し立てました。この苦情が直ちに分配プロセスを停滞させ、入植希望者たちは深い憤りを抱えることとなりました。

申請者は、彼らが正当な賠償を受けるためには、配分予定を見直し再評価する必要があると主張しています。このため、キャンプ・アマワリオ救済計画の実施は、その申し立てが処理されるまで延期されることとなりました。

ホームランド事業局のジェシカ・カリロ局長によれば、申請者の苦情が払拭されるまで、分配の進行は停止される必要があると述べました。一連のプロトコルに従って、申し立てを検証し、対処する必要があるとされています。

この一件に対して、入植希望者は大いに失望感を募らせており、分配再開までの待ち時間の不安が広がりつつあります。ホームランド待機リストへの解決は、一連の法的手続きと数年にわたる闘いを経て、ようやく実現の目前に迫っていたため、この停滞は申請者たちにとって大きな打撃となっています。

一方で、ホームランド事業局は、この問題を迅速に解決し、公平かつ円満な分配の再開を試みる意向を示しています。しかし、1人の申請者の苦情が全体の推進を阻害する状況は、多くの関係者にとって驚きと失望の念を抱かせるものであり、今後の対応にどのような展開があるのか注目が集まっています。

ハワイアンホームランド解決のための取り組みは、ハワイの歴史的な不正義に立ち向かう一石となるはずでした。しかしながら、一つの苦情が分配プロセスの進行を停滞させたことで、入植希望者たちが再び長い苦闘に立ち向かわなければならない可能性が生まれました。

ホームランド待機リスト解決の目処は未だ立っていないものの、公正な分配が再開され、多くの入植申請者にとっての希望が早期に実現することを願っています。