Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://nypost.com/2023/10/16/adams-uses-ai-to-pass-himself-off-to-new-yorkers-as-multilingual/

アダムス氏、AIを活用し多言語を話すフリでニューヨーカーをその気にさせる

ニューヨークポスト 2023年10月16日

ニューヨーク市長のエリック・アダムス氏が、AI(人工知能)を使って自身を多言語が話せるかのようにアピールしていることが分かった。彼の取り組みは賞賛されており、多文化共生の推進に向けた新たな試みとなっている。

アダムス氏は、市内各地を訪れるさまざまなコミュニティでAIを活用し、流暢な外国語でスピーチを行っている。AIはリアルタイムで翻訳を行い、ニューヨーカーとの会話を円滑に進める役割を果たしているとのことだ。

これまでの政治家や公的な場でのスピーチでは、通訳が必要であったり、特定の言語のスキルに頼っていたりすることが多かった。しかし、アダムス氏の取り組みは、AI技術を駆使することで、言葉の壁を取り払い、多言語を話すことによる民主主義の促進を目指している。

アダムス氏は、マルチリンガルのスキルは都市部で重要であり、ニューヨーカーの多様な文化に対応するためには、言葉の理解が欠かせないと述べている。AIを活用することで、移民コミュニティや日本語を話すニューヨーカーなど、様々な国籍を持つ市民とも円滑なコミュニケーションが図れるようになると期待されている。

アダムス氏の取り組みに対しては、市民から歓迎の声が上がっている。多文化共生を推進するこの新たなアプローチは、多くの人々から支持を集めている。

一方で、AI技術によって人間の言葉と異なる可能性も指摘されている。間違った翻訳やニュアンスの把握の違いなど、完璧なコミュニケーションを実現するには限界があるとの声もある。

アダムス氏は今後もAIを積極的に活用し、多言語によるコミュニケーションの充実を目指すと述べている。市民の声に寄り添いながら、多様な文化を尊重しながら都市を運営する姿勢を示している。

アダムス氏のこの取り組みが、ニューヨーカーのコミュニティの発展に役立ち、相互理解を深めることが期待される。今後の彼の活動に市民の注目が集まっている。