Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://nypost.com/2023/10/16/long-covid-could-be-result-of-this-chemical-shift-upenn-study/

ロングコビッドがこの化学物質の変化の結果である可能性がある、UPennの研究によると

2023年10月16日、米国のペンシルベニア大学(UPenn)の研究によれば、ロングコビッド(後遺症を伴う新型コロナウイルス感染症)は、ある特定の化学物質の変化による可能性があるという。

UPennの研究チームは、ロングコビッドの原因特定に焦点を当て、化学物質の影響を調査していた。彼らは、特にニューロンの間の情報伝達システムに関与するアセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質に注目した。

研究の結果、彼らはアセチルコリンの濃度が初感染時に比べて有意な変化を示すことを発見した。アセチルコリンは、神経系で重要な役割を果たし、学習や記憶に関与していることが知られている。研究チームはさらに、この化学物質の変化がロングコビッドの症状や後遺症に影響を与える可能性があると結論づけた。

この知見により、ロングコビッド患者の症状を改善するための新しい治療法やケア方法の開発が進むことが期待される。研究チームは、アセチルコリンの調節に着目した治療法の開発に取り組む予定であり、その成果がロングコビッド患者の生活の質の向上に繋がることが期待される。

この研究は、新型コロナウイルス感染症による後遺症で苦しむ患者にとって一筋の光明となるかもしれない。しかし、さらなる研究が必要であり、アセチルコリン以外の化学物質の関与も考慮する必要がある。今後の研究により、ロングコビッドの正確な原因特定と治療法の開発に一歩近づけることが期待される。