Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.wusa9.com/article/news/local/dc/fire-dc-northwest-i-street-roof/65-23486c6a-6ff7-4118-b847-953255557974

***Title: DC北西部のアパートで屋根火災、住民が避難***

**本稿は以下の記事を元にしています:** [WUSA9: DC北西部、アイストリートで屋根火災発生](https://www.wusa9.com/article/news/local/dc/fire-dc-northwest-i-street-roof/65-23486c6a-6ff7-4118-b847-953255557974)

華盛頓DC――先日、DC北西部に位置するアイストリートの一軒アパートで屋根火災が発生し、住民が避難せざるを得なくなりました。

火災は現地時間月曜日の午前10時30分ごろに発生し、速やかに消火活動が開始されました。消防署によると、火災は建物の屋根の一部に燃え移ったもので、原因はまだ特定されていません。

火災発生時、アパートには約30人の住民が在籍しており、全員無事に避難しました。幸い、けが人は報告されていません。

消防署は、消防士が発煙の中で階段を上り下りしながら迅速に避難を支援したと述べました。また、周辺の住宅の住民も避難を行い、火災の拡大を防ぐ協力をしました。

消防当局は、厳重な火の取り扱いの確認および建物の安全点検を行い、被害の拡大を防ぐため適切な対策を講じています。住民はしばらくの間、仮の避難所に滞在することになる見込みです。

アイストリートの住人は、火災が発生したことで怖い思いをしたと述べ、“避難指示が出たときにはパニックになり、皆が速やかに手を取り合って避難するしかなかった”と話しました。

現地警察は、火災原因の特定および調査を進めています。アイストリート付近の住民は、火災の影響について心配し、今後の安全性についての調査を求めています。

この火災により、住民は物的被害やけがを免れましたが、今回の事件から火災警戒および火の取り扱いに対する意識が高まっていることを念頭において、今後の対策が求められます。