Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://abc7chicago.com/mayor-brandon-johnson-chicago-budget-2024-bga/13903138/

マイナス予算の中での政府の浪費に対する懸念が高まっています。シカゴ市長のブランドン・ジョンソンは、2024年の予算について発表しましたが、その内容が盛りだくさんの批判を浴びています。

シカゴ市は長い間、予算の赤字に悩まされ続けてきました。しかし、市の予算策定プロセスを担当するシティ・カウンシルのメンバーたちは、市長のジョンソンが提案した予算について懸念を抱いています。

記事によると、ブランドン・ジョンソン市長は、彼の予算案を「効果的かつ責任ある」と語りました。彼は将来の予算赤字を埋めるための適切な手段を講じることが重要だと主張しています。彼の予算案は、税金の引き上げやサービスの削減といった施策を提案しています。

しかし、市の予算を監視する市民グループ、Better Government Association(BGA)は、ジョンソン市長の予算案に疑問を呈しています。彼らは、予算の浪費と不必要な出費に対して懸念を示し、市の財政状況を憂慮しています。

BGAはまた、予算案が現実的ではないと指摘しています。予算に対して厳しい目を持つべきだとし、浪費の防止や財政の見直しを求めています。

これに対して、市長は予算案の必要性を主張し、市の将来の財政安定に向けた行動を取らなければならないと強調しています。

ジョンソン市長の予算案は、現在シカゴ市議会で審議されています。その結果、市議会のメンバーたちがどのような判断を下すのかが注目されています。