Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.casino.org/news/las-vegas-teens-plead-not-guilty-in-bicyclists-horrific-death/

ラスベガスのティーンエイジャー2名が、自転車乗客の恐ろしい死亡事故に対して有罪を請求されていないと主張しました。

ラスベガス、ネバダ州- 先週金曜日、二人のティーンエイジャーが自転車事故による死亡事件で無罪を主張しました。彼らは、法廷での初期の出廷で有罪を認める証人として準備されました。

このバイオレット・アベニューで起こった自転車乗客の死亡事故は、多くの地域で怒りと悲しみを引き起こしました。この事故では、2人の自転車乗客が軽トラックと接触し、命を落としました。

被告のティーンエイジャーは、15歳と17歳であり、事件当時は運転免許を持っていませんでした。検察官は、自動車法違反および過失致死の罪状を提起しました。しかし、彼らは自身の無実を主張し、裁判所での初回公判でその立場を強調しました。

弁護士によれば、事故の原因は道路の状態および視界の障害であると主張されています。彼らはまた、「コンディショナル運転免許を持っていた」と指摘し、不利な状況を避けるために注意を払って運転していたと述べています。

検察側は、被告の言い分に対して反駁するために追加の証拠を提出する予定です。彼らは、軽トラックが速度違反を行い、自転車乗客に対して不必要なリスクを冒したと主張しています。また、被告は未成年であり、運転免許を持っていなかった事実も訴訟の重要な要素となります。

この悲劇的な死亡事故は、自転車安全性に対する地域社会の関心を高めています。多くの市民団体や自転車愛好家が、より安全な道路環境の確保と適切な法的対応を求める声を上げています。

次の公判は、来月初旬に予定されており、裁判所はさらなる証拠の審査を行うことが期待されています。裁判の結果は、この事件に関心を寄せる多くの人々にとって待ち望まれるものです。