Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://sf.eater.com/23915109/junk-fees-law-restaurants-service-fee-california

カリフォルニア州のレストランが保有するサービス料金に関する新法案が提出されました。この法案は、消費者から集められるサービス料金の使用に関する透明性と公正さを求めるものです。

今まで、一部のレストランは、メニューの端に小さく表示された文字で、サービス料金を追加していました。消費者は、その料金について事前に通知されることなく、支払いを余儀なくされていました。しかし、新たな法案では、レストランは消費者に対して、サービス料金の存在と使用方法を明確に示すことが義務付けられます。

この法案の提案者である州議会議員は、料金の透明性が重要であり、消費者が正確な情報を持つことで適切な決断を行えるようにする必要があると強調しています。また、彼らは、サービス料金の不透明性が、消費者とレストランの間での信頼を損なう可能性があるとも指摘しています。

レストラン業界からは、この法案に対して賛否両論が示されています。一部のレストランオーナーは、彼らのビジネスにおいてサービス料金は重要な収入源であるため、制限されることに反対しています。しかし、消費者保護団体や一部のレストランは、この法案を支持し、料金の透明性がより公正な取引環境を提供すると主張しています。

この法案は現在、審議段階にあり、今後の議会の決定待ちとなっています。カリフォルニア州では既に、その他の関連法律が存在しており、この新法案は既存の規制を補完する役割も果たすことが期待されています。

カリフォルニア州は、消費者保護に力を入れており、料金の透明性を高める法律の改正を進めています。この新法案が可決されれば、レストランと消費者の間の信頼関係を向上させることが期待されます。今後の動向に注目が集まります。